fc2ブログ

ミヅの酢味噌和え

 2024-05-18
春は山菜、秋は茸と、食の悦びと共に採取の楽しみを毎年心待ちにしている。
山菜はノビルの酢味噌和え、コゴミのマヨネーズ和え、タラの芽の天ぷらやワラビの御浸し、ゼンマイの煮物などなど、どれも捨てがたいが、私は特にゼンマイの料理が大好きである。ただ、それと双璧をなすのがミヅ(ミズ)の酢味噌和えだと私は思っている。
幸いにも我が家の裏山にはミヅが無数に生えている。先祖の誰かが植えたものだと思われるが、杉林一面に広がっている。
その為季節になれば  続きを読む・見る>>


mizunohana.jpg



カテゴリ :徒然 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :

茶道もいいな!

 2024-05-16
先日放送のポツンと一軒家は熊本県の一軒家。
ダム湖を一望出来る高台に、超高床式の一軒家だった。
70代前半の仲睦まじいご夫婦が住んでおられた。
ご主人は現役の建具職人とあって、内装や家具などは全て手作りとのこと。几帳面で緻密な組み立ての仕上がり。職人の技が遺憾なく発揮された一軒家である。
特に畳張りの茶室兼大広間が素晴らしかった。三方ガラス窓で、天井の高さは6メートル、開放感が半端ではなかった。
お二人のなり染はお茶会(立礼式)だったとのこと。今でも度々この大広間で茶会を楽しんでいるそうだ。

早速番組スタッフにもお茶が振る舞われ、作法に則って抹茶を楽しむ様子を見るにつけ、好奇心にチクチクと刺すものを感じた次第である。
今月下旬には今年初の陶芸教室が始まる。
今年の作陶は楽茶碗がメインになりそうである。黒釉や白磁か、それとも相性の良い紫釉の楽焼茶碗かと、ふと脳裏を過ったのである。
それと同時、早速地元の茶道教室を検索してみたのだった。


kokuyu.jpg







カテゴリ :徒然 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :

能登半島の復興はいつ?

 2024-05-12
4ヶ月経った今でも、復興の兆しが見えないとのこと。
一体どういうことなのか。

先日放送のバンキシャを観て愕然とした。
能登半島地震により、全半壊した家屋の解体が一向に進んでいないとのこと。石川県珠洲市では解体希望数1万279棟に対し、番組によると、4ヶ月経った5月上旬、僅かに129棟のみだとのこと。たったの1%に留まっているとのことである。
解体業者や解体手続き  続きを読む・見る>>


DSC_0058.jpg




カテゴリ :徒然 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫