FC2ブログ
NEW ENTRIES
平成最後の一関市勢功労者
カテゴリ: 徒然
我が伊藤家総本家の伊藤達朗さん(77)が、岩手県一関市の市勢功労者(産業功労)として来月の3日に表彰されることが決まった。
伊藤達朗さんは地元一関地方森林組合の理事として、1985年から2006年迄の11年間、同年3月より今年の2月迄の12年間、一関地方森林組合の代表理事組合長を務めた。
その間、旧一関地方森林組合と東磐井地方森林組合の合併に尽力し、組織の基盤強化を図り、公益を念頭に置く経営体として堅調な歩みを進めてきた。

一関地方森林組合が管理する 続きを読む・見る>>






編集 / 2018.10.17 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
蜜蜂の話
カテゴリ: 徒然
蜜蜂が地球上から姿を消したなら、「人類は僅か4年間しか生存できない」と云った文言を何かで目にしたことがある。
ベルギーの詩人、随筆家のモーリス・メーテルリンクが1901年に出版した『蜜蜂の生活』と云う本から広まったとされる。その蜜蜂が忽然と姿を消す現象が、日本、いや世界各国で確認され、問題視されている。
所謂蜂群崩壊症候群(CCD)である。
日本では「いないいない病」などと呼ばれている。
その原因については、気候変動や遺伝子組み換えによる農作物の普及、或いは農薬、殺虫剤などなど、原因は未だ特定されてはいないようだ。
蜜蜂は蜜を集める為に一日に飛び回る花の数はおよそ3000。我々人類が口にする食べ物の70%が彼らの受粉のおかげであると云われている。

当初の予定では、昨日、 続きを読む・見る>>






編集 / 2018.10.15 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
魅惑の輝き「久慈琥珀フェア」in 世嬉の一酒造「cafe徳蔵」
カテゴリ: 耳寄り情報
予てより、欲しい欲しいと思っていた久慈琥珀の腕時計を、漸く手に入れることができた。
岩手県最南端の一関市から岩手県北東部の久慈市迄約220km。東北自動車道を車で飛ばしても3時間半。同じ県内とは云え、そう簡単には辿り着けない距離だ。「ほんじゃ、ちょこっと久慈迄ひとっ走り」と云う訳にはいかない。
従って、欲しくともなかなか手に入れられなかった(ネット購入も考えたが実際に手にとってみたかった)琥珀腕時計を、本日漸く手に入れることができた。

と云うのも、一関市田村町にある世嬉の一酒造「cafe徳蔵」にて、一昨日の木曜日から明後日(月曜日)まで、久慈琥珀(株)による「久慈琥珀フェア」が開催されている。
世嬉の一酒造東側の駐車場から 続きを読む・見る>>






編集 / 2018.10.13 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメ検査 中間報告
カテゴリ: 農産物検査員関連
懸念された大型の台風25号も、北上とともに温帯低気圧となって勢力を弱め、東北を過ぎ去っていった。
当初はその台風25号接近の予想により、強烈な風雨襲来の予測からこの3連休は新米の収穫が延期されるのではと予想していた。
その為、本日のコメ検査の数量は少ないと私は予想していた。
ところが幸いにも、然程の雨量でもなく、況してや時折強風は吹いたもののそれ程ではなかった。寧ろその風によって圃場の乾燥を促すなど、結果的には、この連休中はあちらこちらで一斉に稲刈りが進んだ。
そのことから、予想よりも多い本日の検査袋数だった。

最終的には 続きを読む・見る>>






編集 / 2018.10.09 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
第32回落合直文全国短歌大会
カテゴリ: 徒然
一昨日の日曜日、震災ボランティアとして訪れて以来約7年ぶりに宮城県気仙沼市を訪れた。
と云うのも、落合直文全国短歌大会に出席する為だった。
以前より、一度是非参加してみたいと思っていた短歌大会である。県境をまたぎはするものの、一関市と気仙沼市は隣接する行政区。距離もそう遠くはないが、如何せんこの時期はどうしても忙しい。秋の収穫時期と重なり、なかなか時間的に余裕がないのである。

ただ、今秋は稲刈り機械の調子が悪いこともあって、飯米もろとも業者に委託することに決めた。
その為、通常ならとても短歌大会どころではない時期だが、時間調整が可能となり出席が叶ったと云う訳である。
会場は気仙沼市の高台にある  続きを読む・見る>>






編集 / 2018.10.02 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
高倉健の名言
カテゴリ: エッセイ集
私の敬愛する俳優が残した言葉の一つに、「いい風に吹かれたいですよ きつい風ばかり・・・」と云う文言がある。
云わずとしれた高倉健(故)の名言である。
本日、予定していたコメ検査が中止となり、折角なので、最近なかなか時間が取れず行けずじまいだった一関市立図書館に行ってみることにした。ところが、駐車場の入口には「休館日」の文言がドンと目に飛び込んできた。
いやはやガッカリである。当一関市立図書館はしょっちゅう休館する。休みが多過ぎだ。
憤りや鬱積を抑えつつ、気を静めながらも、折角なので図書館と隣接する一関文化センターに入ってみることにした。
何やら人の往来がある。書道の展示会のようだ。
一関市東山町を拠点に活動する関水会・関水書道会の書道展だった。

今から45年程前  続きを読む・見る>>





編集 / 2018.09.27 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
一関・文学の蔵30年記念事業「小野正弘教授(明治大学)講演会」
カテゴリ: 徒然
オノマトペ研究の第一人者として知られる、明治大学の小野正弘教授による「“日本語の魅力再発見”オノマトペ(擬音語・擬態語)のおもしろ世界」と題する講演が、昨日(9月22日)、岩手県一関市田村町の世嬉の一 クラストン(石蔵ホール)で行われた。
並べてあった椅子が足りず、急遽奥から取り出す程の盛況ぶり。
定刻の午後2時から、畠中祥夫(文学の蔵副会長)先生の司会進行のもと、及川和男(文学の蔵会長)先生の挨拶、私の講師紹介の後、小野教授による日本語の魅力に迫る講演が始まった。

オノマトペとはフランス語で、古代ギリシャ語の 続きを読む・見る>>






編集 / 2018.09.23 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
平成30年度「短歌実作講座」
カテゴリ: 短歌実作講座
秋と云えばやはり食べ物。飽食の秋だ。
夏の暑さで食欲が減退し、その分帳尻を合わせるかのように食欲を増す。或いは厳寒の冬に備えて保温効果を高める為の多食かも知れない。
また一抹の寂しさを伴うものの、散りゆく前の恍惚の美とでも云おうか、紅葉の美しさは何ものにも代え難い唯一無二の美と云っても過言ではない。
そんな美しさ、楽しみを内包する季節、それが秋だが、私にとって一番の楽しみはなんと云っても日本現代詩歌文学館の篠弘館長による短歌実作講座を受講することだ。
9月・10月・11月の年に3回の講座だが、今年で20年目を迎え、私は末だ8年目を迎える新参者である。

参加者は前もって 続きを読む・見る>>





編集 / 2018.09.21 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
第30回岩手県パワーリフティング選手権大会 & 第33回岩手県オープンベンチプレス選手権大会 開催!
カテゴリ: パワーリフティング
平成30年度(秋季)の岩手県パワーリフティング選手権大会及びベンチプレス選手権大会の開催要項を添付します。

日時:平成30年11月18日(日)
会場:平泉アスリートセンター
    岩手県西磐井郡平泉町字樋ノ沢39-5  ℡0191-46-4782
主催:岩手県パワーリフティング協会

大会開催要項のみ>>




編集 / 2018.09.20 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
国際平和デー
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
人はなぜ
騙し合い 罵り合うのか
人はなぜ
傷つけあい 殺し合うのか

人の命は儚い
人の心は傷つきやすい

だからこそ 尊い
だからこそ 切ない

お金を奪い 心を踏みにじり
家を壊し 土地を奪う

続きを読む・見る>>





編集 / 2018.09.20 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
平成30年度農産物検査員出発式及び鑑定会
カテゴリ: 徒然
初秋の候、「平成」元号最後のコメ検査が始まろうとしている。
昨日、いわて平泉農協中里支店を会場に、鑑定会と出発式が行われた。
冒頭で「平成」元号最後と記したが、これから検査する紙袋には「平成」の元号を入れず、「30年」の数値(年数)のみの記載になるとのこと。
何故ならば、来年から元号が変わるからだ。
ふと思ったが、そもそも西暦で書いていれば、元号変更に左右されることがないと思うのだが・・・。

そんなことを思いながら 続きを読む・見る>>






編集 / 2018.09.19 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
追伸 小野正弘(明大教授)講演会近づく
カテゴリ: お知らせ
来る9月22日(土)、一関・文学の蔵30年記念事業として、オノマトペ研究の権威、明治大学の小野正弘教授を招いて文芸講演会が開かれます。
演題は“日本語の魅力再発見” 「オノマトペ(擬音語・擬態語)のおもしろ世界」

日時:2018年9月22日(午後2時)
場所:世嬉の一 クラストン(石蔵ホール)
   〒021-0885 岩手県一関市田村町5-42 世嬉の一酒造(株)内
電話:0191-34-5040(一関・文学の蔵事務局)
   
入場料は無料です。事前申し込みの必要はございません。どなたでも自由に聴講できます。
但し、講演終了後の交流会(3,000円)は事前に申し込みが必要となります。

続きを読む・見る>>





編集 / 2018.09.18 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
小野正弘(明大教授)講演会近づく
カテゴリ: お知らせ
地元紙(岩手日日)の紙面でも紹介されたが、一関・文学の蔵30年記念の文芸講演会(9月22日)が近づいてきた。
地元一関市出身、明治大学文学部の小野正弘教授を迎え、オノマトペのおもしろ世界に触れながら、日本語の奥深さや魅力に迫る。
聴講は無料。

日時:2018年9月22日(土)午後2時
場所:世嬉の一 クラストン(石蔵ホール)
   〒021-0885 岩手県一関市田村町5-42 世嬉の一酒造(株)内
電話:0191-34-5040(一関・文学の蔵事務局)

講演会終了後に、小野教授を囲んで交流会(3,000円会費)が企画されている。
参加希望者は、メールフォームに必要事項をご記入の上、9月15日(土)迄にお申し込み頂きたい。


編集 / 2018.09.11 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
いわい天然乾燥米「元氣」の出荷見合わせ
カテゴリ: グリーンツーリズム
散々悩みに悩みましたが、今秋のいわい天然乾燥米「元氣」の出荷を見合わせることと致しました。
昨秋から調子の悪かったバインダー(稲刈り機械)を点検しようと、機械置き場から出してきたところ、エンジン自体の調子が良くありません。
修理に出そうかとも考えましたが、おそらく寿命であろうと思われ、昨日まで修理に出すか購入するかを検討しておりました。

しかしながら飯米分等の調整もあり、今秋の天日干し(自然乾燥)は諦め、機械選びをじっくりと時間をかけて探した方が得策であろうとの結論に至りました。
不本意ではありますが、今秋のいわい天然乾燥米「元氣」の出荷を諦めることと致しました。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

いわい天然乾燥米「元氣」>>

平成30年北海道胆振東部地震 緊急災害支援募金(Yahoo!基金)
Tポイントで手軽に寄付できます。

2018・9・10







編集 / 2018.09.10 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
北海道地震
カテゴリ: 徒然
大型の台風が去り、安堵の胸を撫で下ろしたと思ったら、今度は北海道で震度7の強い地震が発生した。
江別市在住で高校らいの莫逆の友に、取り急ぎLINEで安否を確認したところ、家族全員の無事、自宅家屋の損壊はなかったとのことだった。ただ、停電とガソリンの入手が困難であるとのこと。
今から7年半前、東日本大震災では  続きを読む・見る>>






編集 / 2018.09.07 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
新エネルギー&強者の驕り
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
先日、国道4号線を盛岡方面に向かって北上すると、奥州市衣川の手前で変わった自転車が目に飛び込んできた。
自転車の後方に黄色いドラム缶が印象的だった。
よく見ると放射能の注意喚起をする為の黒いマークと、原発反対の文字が見て取れた。東日本大震災の福島第一原発事故で、原発の即時廃止を心底から願い、発信したものだったが、最近は何事もなかったかのように静かである。
ひと頃は総理経験者が原発廃止を声高に呼びかけたが、それも何処にいったか全く聞こえてこなくなった。諦めてしまったのか。何故かマスコミもそのことに触れようともしなくなった。

自転車の後部に引きずっていた黄色いドラム缶が  続きを読む・見る>>





編集 / 2018.09.01 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR