第68回岩手芸術祭県民文芸作品集
カテゴリ: 公募展
第68回岩手芸術祭県民文芸作品集が出来上がったとの知らせが届き、早速購入しに行った。
昨年に続き2回目の応募の結果、昨年同様短歌部門で佳作入選を果たした。随筆部門は昨年同様落選と相成り、難しさを改めて痛感した。

今年の短歌応募作品での受賞は、第8回斎藤實・春子夫婦を偲ぶ等短歌大会佳作入選、第44回全国短歌大会佳作入選、そして今回の受賞。
短歌以外では第26回伊藤園新俳句大会でも佳作入選と、短歌のみならず、現時点では佳作が今の私の限界のようだ。
今回の岩手芸術祭の短歌部門に、友人の菊田顕君(読売短歌岩手コーナーでお馴染み)も初出品で同じく佳作入選を果たしたが、来年は果たしてどうなることやら。ライバル心をむきだしに詠むべきでないと心得ながらも、意識をしないと云えば嘘になる。納得のいく短歌を詠んでいきたいものだ。


第68回岩手芸術祭県民文芸作品集








編集 / 2015.12.16 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
第67回岩手芸術祭『県民文芸作品集45」短歌十首 佳作入選「平和ボケ」
カテゴリ: 公募展
先般、試しに第67回岩手芸術祭の短歌部門と随筆部門に応募してみたところ、先日(公)岩手県文化振興事業団より封書が届き中の書面を確認すると、「選考の結果、あなたの作品が次のとおり佳作に入選いたしました」とあった。
ちょっと複雑な心境ではあったが、佳作とて入選は入選、素直に喜ぶべきだ。贅沢は言うまい。

続きを読む・見る>>










編集 / 2014.10.22 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
本が届いた
カテゴリ: 公募展
待ちに待った本が届いた。
3日程前のブログでご紹介したフォト短歌集「糊口の杜」98ページの一冊である。
本来ならば、自費出版により一千部や二千部を纏めて発注し、印刷したいところだが、何分にも先立つ「モノ」がない。
従って出版するとなると、他の方法を模索しなければならない。
その為には、やはり何と言っても新書や単行本(自費出版以外)などのように、出版社に認めて頂き、出版してもらうというのが最良の方法だろう。しかしながら如何せん、私にはその力量や実績、勿論知名度などは皆無に等しい。

続きを読む>>


hon1.jpg








編集 / 2014.05.05 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
第11回北展
カテゴリ: 公募展
一昨日の春分の日、お彼岸の墓参りを済ませた後、その足で奥州市水沢区のめんこい美術館に、絵画やブロンズ彫刻、陶芸作品などが展示されている第11回北展に行ってみた。
応募作品の殆どが力作揃いの絵画だが、それを知らなかった私は昨年の第10回北展にフォト短歌とフォト詩歌を出品し、赤っ恥をかいてしまった経験がある。
ちゃんと調査をしてから出すべきであったと、後で深く反省したものだった。勿論今回は出品を控えた。
そんなこともあり今回は気軽な気持ちで館内をじっくりと見て回れた。
流石に受賞した作品には迫り来る迫力があった。作品には作者の思いや感情がぎっしりと凝縮されているようだ。
どれをとっても労作であり力作揃いであった。

ひと通り、感心しながら一点一点丹念に眺めていると、受賞作ではなかったものの、目が点になる秀作が目の前に現れた。
絵画には色んな技法があるのだろう。絵心もなく、絵画の創作経験が殆どない私には知る由もないが、油絵に和紙を融合させた作品のようだった。
中尊寺の金色堂を画題に、初冬の雪景を描いた作品のようだ。
真っ白な雪をイメージさせるのに、真っ白い和紙を使っているようにも見えたが、実のところはよく分からない。それにしても本当に見事な出来栄えである。
最近入会した地元短歌結社の先輩に、実に見事な切り絵を作る方がおられるので、今度の歌会でその技法などを伺ってみたい。

第11回北展
会場:めんこい美術館
住所:〒023-0003 岩手県奥州市水沢区佐倉河東広町1-4
電話:0197-22-5935
展示期間は3月29日迄、開場時間は午前9時~午後4時30分。火曜日は休館。入場無料。


kitaten.jpg  フォト短歌「金色堂雪景の絵」

いいね!と思ったらFacebookでシェア





編集 / 2013.03.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
第4回三好京三随筆賞表彰式in前沢ふれあいセンター
カテゴリ: 公募展
当初、今日が我が家の田植え予定日だったが、急遽前日の土曜日に繰り上げ、幸いにも佳作入選を果たした第4回三好京三随筆賞の表彰式に出席することになった。

三好京三(子育てごっこで直木賞受賞、平成19年5月逝去)さんへの黙祷から始まり、NPO法人三好京三顕彰会の三浦理事長の挨拶の後、式次第どおりに表彰に移った。

大人の部の最優秀賞(三好京三賞)は井手厚子(盛岡市)さん。
優秀賞は岩渕眞理子(平泉町)さんと川村繁美(盛岡市)さんの2名。
佳作は第19回岩手日報文学賞受賞者の小賀坂勝美(平泉町)さんをはじめ、私を含む7名がそれぞれ表彰を受けた。

子供の部では、
三好京三ジュニア賞に小野寺琴美(前沢中学2年)ちゃんが輝き、優秀賞にはおのでらあやか(赤生津小学校1年)ちゃんと、母体小学校6年の千葉望由ちゃんが受賞。それに続き5名の佳作当選者の表彰が行われた。

その後、審査員の及川和男さんからそれぞれの作品に寸評を賜り、最優秀賞(三好京三賞)に輝いた井手厚子(盛岡市)さんの「着物を探して」は、審査員4名中3名が最高点を出し、文句なしの受賞だったとのこと。

私も今回初めて応募してみたが、未だまだ力不足であり勉強不足だということを改めて痛感した。
寸評の中味を真摯に受け止め、肝に銘じながら、ちゃんと念入りに推敲もやり、来年も是非ぜひチャレンジしたいものだ。


フォト短歌「子育てごっこ」         及川和男 及川和男さん
因みに、背中が最優秀賞に輝いた井手厚子さん

編集 / 2012.05.20 / コメント: 4 / トラックバック: - / PageTop↑
第4回三好京三随筆賞佳作入選
カテゴリ: 公募展
昨夜、第2回目(最終回)の一眼レフカメラ基礎講座が開かれた。
今回の講義内容は、前もって提出した質問事項についての解説が中心だった。
私も、先日5月6日に撮影したスーパームーン撮影の失敗作を、データと共に提出し、その対処方法についてのご教示を仰ぐ事になった。

講師は第一回目の講座(別ブログ)に紹介していた千葉拓也講師(千葉写真館)
非常に解りやすく説明して頂いた。
特に、マニュアル操作で一番重要なポイント、絞りとシャッタースピード、感度などの設定方法についての説明を、非常に丁寧に講義して頂き、私を含め受講者全員が理解できるまでじっくり解説して頂いた。

後は、兎に角実践あるのみ。
質問者の一人が、余談で、「女性はパチパチ一生懸命シャッター切るが、男性の場合はどう撮ろうかと考えてしまう」「だから女性の方がいい写真を撮っているのでは」とつぶやいていたが、兎に角シャッターを切ることを心がけたい。

昨夜、自宅に戻りテーブルを見たら1枚の手紙が置いてあった。
早速中身を確認すると、第4回三好京三随筆賞、佳作入選による表彰式の案内文だった。

応募していたタイトル名は「いわての大将」。
昨年の大震災以来、知り合ったボランティアの人たちや、何と言っても、被災者への支援に自分を犠牲にしてまでも、慈愛の心を持って支援する人物(いわての大将)をどうしても紹介したかった。
初の応募にも係わらず、佳作とはいえ入選した事で、少しでも多くの人達に知って頂く良い機会を与えて頂いた事を、受賞の喜び以上に、心から有難いと思っている。

入選した「いわての大将」の原文は、
ただひたすらな愛を、若干手直ししたものを投稿したもの。


フォト短歌「チューリップ」
編集 / 2012.05.12 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
北展
カテゴリ: 公募展
岩手日日新聞社主催の公募展『第10回北展』を覗きに行って参りました。
今回は10回目の節目を記念して、これまでの大賞受賞者の作品も展示されました。
流石に力作揃い、絵心のない私にとっては実に羨ましくもあり、十二分に目の保養をさせて頂きました。

北展は、書道以外であればどんな作品でも出展出来るとあって、不肖私めも拙い作品とは承知しながらも、日頃から趣味で手がけているフォト短歌やフォト詩歌を、恥を忍んで出展してみる事にしました。

勿論、入選できればそれに越したことはありませんが、展示会場に入ってみて、十二分に納得させられました。
作品の多くは、油絵や水彩画、日本画やちぎり絵、或いは現代美術や彫刻、陶芸といった手の込んだ力作が殆どで、「場違いであった」と反省しながらひと通り見て回りました。
しかしながら、会場に置いてあったパンフレットの種目の中に、「フォト短歌」「フォト詩歌」と、私が以前から勝手に名付け、ブログやホームページなどで紹介していたジャンル名が載っていた事に、安堵の思いと、感慨深いものを感じながら会場を後にしました。


第10回『北展』
会期:平成24年3月5日(月)~3月30日(金) 9:00~16:30  ※火曜日休館
会場:めんこい美術館
住所:岩手県奥州市水沢区佐倉河字東広町1-4
電話:0197-22-5935


◆私の出展作品

フォト短歌「復興の夜明け」
復活の夜明け 
<説明>
フォト短歌とは、撮影した写真を観て、短歌を詠みそれらを統合して一つの作品にしたものをいい、今回の作品では短歌を筆で書き、それにベベルやエンボス加工を施し、
『復興の夜明け』と題して制作しました。
短歌の内容は、3・11の大震災で多くの犠牲を出し、壊滅状態となった沿岸部の再起を願い、一刻も早い復興を祈願して詠んだものです。


フォト詩歌「生きる」
生きる
<説明>
フォト詩歌とは、撮影した写真に詩を書き、短歌を詠んだものを統合し一つの作品にしたものをいいます。
『生きる』とは、夕暮れ時に見る山里の風景と、人の温もりを感じる里の生活の営みに触れ、生きるとはいったいどんな意味があるのか、そしてどう生きるべきなのかを改めて考え、そして思いながら書いた詩と短歌を一つの言葉の流れとして制作してみました。



編集 / 2012.03.07 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR