FC2ブログ
防災対策の核心
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
平成時代を語る時、必ずと云っていいほど話題に上るのが自然災害である。
災害発生の度に観測史上「最高の」または「最大の」と云った形容詞が頻繁に使われていた。そのことから平成30年の漢字は「災」と決まった。
新元号「令和」に変わって間もなく、大型台風「ハギビス」などの猛威が日本列島を襲った。そして広範囲に災害を齎した。過去に類を見ない強烈な暴風雨、河川の氾濫により堤防の決壊を余儀なくされ、多くの人命を奪い、床上浸水などにより生活の基盤をことごとく奪われた。

また、今では耳慣れた感のあるゲリラ豪雨 続きを読む・見る>>






編集 / 2019.11.16 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
恩赦
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
昨日、令和天皇の即位礼正殿の儀が粛粛と行われた。
それにともない、交通違反者や選挙違反者などを対象に、2016年10月21日迄に罰金を支払い、再犯のない者に対して恩赦が実施されることになった。対象者は55万人にのぼるとのこと。
恩赦の実施決定は国会の審議を受けずに閣議決定で決まったが、被害者への心理的影響、決定の過程がみえないとしての批判が大きいようだ。
特に公職選挙法違反や政治資金規正法違反などの政治犯罪に対する恩赦は、政治家仲間への配慮等々、恣意的な運用ではないかと勘ぐられているようだ。

恩赦の歴史は古く  続きを読む・見る>>






編集 / 2019.10.23 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
巨大台風ハギビス
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
災害の規模が年々拡大の一途を辿るように思える昨今。またしても大型台風19号がまほらばの国を襲った。
約ひと月前に発生した台風15号では、特に千葉県沿岸部への甚大な被害をもたらした。ひと月が経った今でも停電が続いており、復旧の見通しが未だたっていな地域もあるようだ。
そんななか、再び大型の台風が日本列島を直撃した。
範囲があまりにも広い為、被害状況の把握がかなり難しく、全容解明までは多少の時間が必要のようだ。

年々拡大化する自然災害の原因は 続きを読む・見る>>





編集 / 2019.10.13 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
新組閣の思惑云々
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
新たな閣僚が出揃った。
今回の新組閣をめぐり、注目の的だった新婚ほやほやの小泉進次郎氏が、環境大臣・原子力防災担当大臣として入閣が決まった。父親の政治スタイルを参考にしないときっぱり断言していたが、入閣後はどのような姿勢で環境相を務めるのか、注目したい。
環境相と云えば、つい2日ほど前、福島原発の汚染水処理をめぐり軽々にも海洋放出以外の方法は考えられないとの前大臣の発言があり、物議を醸している。

原発事故から8年が経った今でも 続きを読む・見る>>




編集 / 2019.09.12 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
平和的解決を乞う!
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
逃亡犯条例改正案に端を発し、香港政府に向けた大規模な抗議活動が今尚その勢いは衰えていないようだ。
世界でも屈指のハブ空港である香港国際空港に、再び学生らのデモ隊が押し寄せ、改正案の撤回や強硬な香港警察への不満などを訴えている。

当初はデモ行進など、比較的穏やかに抗議活動を続けていたが、火炎瓶の投下や投石などの強行な抗議活動を展開している。これまでは大学生を中心とする若者が多かったが、「香港の将来を危惧する」として中学生らがデモ隊に加わっているとのこと。
それにしても、12・3才の子供たち 続きを読む・見る>>





編集 / 2019.09.03 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
障害を乗り越えて!
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
東京五輪、パラリンピックまであと1年。
アスリートたちは出場権をかけて死にものぐるいで頑張っている。その姿に敬意を表すとともに、感銘を受けずにはいられない。特に障害を抱えながらも、果敢に挑む姿には感銘を超える感動を覚える。
夢の実現を目指してとことん頑張ってほしい。

そんななか、障害者のいじめ 続きを読む・見る>>





編集 / 2019.09.01 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
不戦ありき
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
終戦から74年回目の夏が終わった。
今は亡き後藤田正晴翁(元内閣官房長官)や野中廣務翁(元自民党幹事長)と云った政界の重鎮は、「何故政治家になったのか?」の問いに、「二度と戦争をおこさせない為だ」と即答したそうだ。
今の政治家に、不戦の強い意志や信念を持ち、済世心や道義心を備えた高潔な人物がはたして何人いるだろうか。
政治家の務めはまず第一に、国民の生命を守ることにある。

即ち、 続きを読む・見る>>





編集 / 2019.08.20 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
徴用工「真実を追え」
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
世界の解釈として、端島(通称、軍艦島)の徴用工に対して、朝鮮半島出身者への強制労働、劣悪な環境での作業を強いたとする悪い印象が持たれているようだ。
実は日本人の私も心の片隅にそのような印象を持っていた。いかに戦時下とは云え、同じ日本人として恥ずかしいとまで思っていたことも事実である。
近頃急激に日韓関係がギクシャクとし始め、その原因の一つが、この徴用工問題なのだが、それに対して誤解を晴らそうと元端島の島民たちが証人となり、真実を訴えようと頑張っている。

それにしても何故、このような誤解を招いたのだろうか。  続きを読む・見る>>





編集 / 2019.08.10 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

平泉アスリートセンターカレンダー

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 月別アーカイブ
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR