fc2ブログ

歌集エッセイ『清晨』刊行

 2021-09-23
歌集エッセイ『清晨』が出来上がった。
私の著書は単行本も含めると切りのいい10冊目となる。
歌集エッセイとは変わったタイトルだが、今回の拙著はB5変形サイズの100頁。そのうち55頁分が短歌336首を収め、他にフォト短歌11首を加えると短歌は347首。それにエッセイを11編。写真に詩と短歌をコラボしたフォト詩歌を2作品掲載し、歌集をメインに編纂したものだ。
価格は無しに非売品とした。

と云うのも、今迄のオンデマンド出版はキャノンのPHOTOPRESSO(フォトプレッソ)を利用して作成し、一般向けの販売もキャノンのギャラリーを通してネット販売していたが、コロナの影響もあってか、キャノンはPHOTOPRESSO自体を今年12月15日でサービスを終了することになった。残念だが、過去に作成した著書も12月16日以降は販売できなくなった。
今回の歌集エッセイ『清晨』は、非売品としたが、今年の12月15日迄は購入可能。
値段は製作原価+送料。9月中は39%割引の2,580円(税込)+送料。10月から終了の12月15日迄は通常価格に戻って4,229円+送料となる。

返す返すも残念だが、致し方なし。コロナの影響は目に見えないところにまで確実に浸透しているということである。
タイトルの「清晨」は、「新たな朝を迎える」と云う意味だが、コロナ禍で疲弊する昨今、なんとか、静かで平穏な、新しい朝を迎えたいものである。


seishin.jpg

9年ほど前に歌った時の動画



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村



カテゴリ :著書 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :

新刊作成に向けて パート2

 2021-07-31
新刊作成や諸般の事情から多忙な毎日だったが、取り敢えず出来上がった。出来上がったと云っても、これから修正に取り掛かる必要がある。
作成用アプリのプレビュー画面のみでは出来具合がイマイチ分からない。なので実際に手に取って確かめる必要があり、取り急ぎ一冊のみ注文してみた。

昨日、その一冊が届いた。
早速手に取って確認すると、フォントの種類や大きさ、写真の出来具合等々、やはりイメージとは多少異なっていた。
はてさて、「いかがなものか」と思うものの、全て直すとなるとまた大変なことになる。既にそこまでのモチベーションは保てそうにない・・・。
とは云え、ある程度の手直しは止む無し。

最終的な仕上がりは8月下旬から9月上旬を目指したい。
新刊のタイトルは、歌集エッセイ『清晨』。過去に作成のフォト短歌エッセイ集5冊や歌集1冊、旅行記1冊、デモ版用単行本を含めると10冊目の著作となる。
内容については、短歌336首とフォト短歌11首の347首の歌を収め、それにエッセイを11編、写真に詩と短歌をコラボしたフォト詩歌を2作品掲載し、歌集をメインに編纂したもの。

出版形式はオンデマンド出版となり、印刷及び製本以外は全て自力による制作となり、誤字、脱字等はご容赦願いたい。また、当著の入手方法は、オンデマンド出版と云う性質上、1冊毎の製本となり、ネット上での予約注文のみとなる。
但し、キャノン社が提供するPHOTOPRESSOは今年の12月15日で全てのサービスを中止するとのこと。
大変残念だが、コロナ禍のもと、諸般の事情を鑑みると致し方なし。
今のところ私の拙著は「価値無し」だが、ひょっとしたら100年後には価値が出るかもしれない。欲しい方、先見の明があると思われる方は今のうちにご注文を・・・。(因みに、減価販売につき私には1円も入らない)

http://hiraizumi.info/photobook.html



表紙

ページ





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村



カテゴリ :著書 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫