第35回西行祭短歌大会
カテゴリ: お祭り
第35回西行祭短歌大会が本日、中尊寺本坊の大広間で行なわれた。
午前9時より、恒例の西行法師追善法要が本堂で厳かに営まれ、その後場所を本堂裏手の大広間に移した。
昨年は花冷えとなり、雪が降るなど悪天候の一日だった。
本日もやはり花冷えの所為か、朝は気温が下がったものの日中は比較的穏やかな一日だった。
本日の講師兼選者は、仙台文学館館長の小池光さんが務められ、鋭い指摘や批評にユーモアが加わり、会場は常に笑い声が絶えなかった。そんな中、お昼を挟んで午後3時頃、約150首の寸評が滞り無く終わり授賞式が行なわれた。


入選作品は次のとおり

<中尊寺貫首賞>奥州市の阿部洋子さんが受賞
作品:女童のゐるがごとしも実生より育つ紅梅二十五の花 

<平泉町長賞>一関市の畠山喜一さん
作品:ふるさとに賢治が押したるトロッコの線路の跡が今も残れる

<平泉観光協会長賞>奥州市の菊池トキ子さん
作品:風雪に倒れたる松むらむらと起き上がらんか丘の斜面に

<岩手日報賞>一関市の名須川万里世さん
作品:シドニーに永住せむと子の言ふを受けとめてゐるわれに驚く

<IBC岩手放送賞>東京都の涌井ひろみさん
作品:歳晩の五重塔に雪は舞ひほとけのにははしづかに暮れぬ

<岩手日日新聞社賞>盛岡市の藤井永子さん
作品:砂の色もつ観音像は津波後のくろく輝く海見つめたつ


佳作受賞者は次のとおり

本田守さん(徳島県)
増田邦夫さん(大船渡市)
斎藤のり子さん(一関市)
佐藤道子さん(一関市)
阿部昭代さん(一関市)
佐藤峰子さん(一関市・游の会所属)
鈴木幸子さん(一関市)
かまだまさ子さん(花巻市)

佳作入選者の中には、私が所属する游の会の指導的存在である佐藤峰子さんも入っておられた。
詠草は「戻れない校舎の写真見つめいし少女叫びね 原発いらん」
小池さんも深く共感されておられた。

因みに私の詠草は、フォト短歌にもあるように、「無人機の冷たきレーダー人をみず山海ロボは人を扶くる」
フォト短歌には、元中尊寺貫首で、私の青春時代一番傾倒し、影響が大きかった今東光和尚(故)の書「佛心」を添えさせて頂いた。
「万人に解かりづらい短歌は良くない」とのご指摘で、講師の小池さんからは「理解不能」との酷評を頂戴したが、今和尚には理解して頂けたのではないかと思っている。
いやいや、ひょっとすればその逆で、あれだけの毒舌で知られる和尚だ。「おめぇは、まだまだ修行が足りんな! 出直して来い。こんちくしょう」と、もっとこてんぱんにやられたかもしれない。

一応、私が詠んだ短歌の内容や山海ロボの意味は、私のエッセイ集「感動の研究“山海嘉之教授”」をご覧頂ければ幸い……。



フォト短歌「山海ロボ」 IMG_7972.jpg IMG_7986.jpg

IMG_7994.jpg IMG_7987.jpg IMG_7998.jpg

IMG_8002.jpg IMG_8007.jpg IMG_8009.jpg

IMG_7980.jpg IMG_8000.jpg IMG_8020.jpg












編集 / 2014.04.29 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
農作業日記(田起しなど)
カテゴリ: グリーンツーリズム
先週の日曜日に稲の種まき作業を終え、昨日今日と田起し作業を行った。
2月8日の大雪の折り、育苗用のビニールハウス一棟が倒壊した為、今年の種まき作業は例年の半分のみと少なく、作業
は実に楽だった。
残りの不足分は外注することになった。
近年、この辺でも外注する農家が多くなってきている。何と言っても種まき後の管理が大変だからである。
我が家では父が未だ健在であることから、苗の管理はベテランの父がやってくれてはいる。
しかしながら既に盤寿を過ぎ、左膝の変形膝関節症を患い、身動きが困難な状態での管理業務は大変だろうと思う。
いっその事、今後の育苗作業は全て外注しようかと考えている。

今年は今のところ雨が少なく、このままでいくと水不足により田植え時期がずれ込む可能性がある。中山間地での稲作は、水不足によるところの問題が深刻な状況になりがちだ。
他の地域や、昔は水喧嘩がかなりあったように聞くが、幸いにも近隣の住民は穏やかな性格から、先ずは自分のことよりも相手を気遣うなど、礼節謙譲の精神を重んじる人たちが多いことから、過去にあまり揉めたことがない。
勿論、内心どう思っているかは知る由もないが……。

天気予報では、明後日あたりから雨の確率が50%から60%と、大型連休を楽しみにしている人たちからは恨まれそうだが、我々にとっては恵みの雨、旱天の慈雨、不争の慈雨となりそうだ。


フォト短歌「桜とたらんぼ」 DSC00334.jpg

その他の写真は>>








編集 / 2014.04.28 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
磐井川桜並木の最後の満開
カテゴリ: 癒し
岩手県一関市は、昭和22年のカスリン台風、23年のアイオン台風と2年連続の巨大台風に襲われ、死者数500人余、流出家屋数約600戸と未曾有の大災害に見舞われた。
その復興と、多くの犠牲者の鎮魂の為に、昭和26年4月に2000本もの桜や梅の苗木が植えられた。

今では一関市の名所として市民に親しまれている桜並木だが、平成30年代の完成を目処に、総事業費約2700億円(平成7年改定)の巨大プロジェクトの一部である堤防改修工事に伴ない、今年度中に伐採されることになった。
今春が最後の満開となり、『みおさめ桜』となった。

一関市と国土交通省により、「磐井川桜再生計画」が策定され、伐採される桜の木から苗木を育成し、接木などによって桜並木を復活する計画があるとのことだ。
改修工事が無事に終わり、何十年後かにはこれまで以上の花を咲かせ、我々市民の目を楽しませ、安らぎをもたらしてくれる日が必ず来ると信じている。もっとも、その時まで未だ生きていればだが……。


IMG_7805.jpg IMG_7847.jpg IMG_7899.jpg

フォト短歌「みおさめ桜」 IMG_7916.jpg IMG_7793.jpg









編集 / 2014.04.26 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
一関ヤンチャーズお花見ライブ2014
カテゴリ: 一関ヤンチャーズ
一昨日の日曜日、岩手県一関市五代町のそば切り『すず庵』さんを会場に、おやじバンド『一関ヤンチャーズお花見ライブ』により、大歓声のもとエレキの音が鳴り響いた。
ライブ会場のすず庵さんのご亭主は、バンマスの佐藤淳一さんやメインギターの福山さん、ベースの菊地さんらと同級生ということもあって、食べ切れない程の美味しい手料理を提供され、会場を更に盛り上げてくれた。

特に毎回「締め」として出てくるお蕎麦は絶品であり、圧倒的なうどん派である私にとっても、ここのお蕎麦はイチ押し二押しである。
数々の手料理に舌鼓を打ちながら、往年のベンチャーズメロディーを基調とした一関ヤンチャーズの演奏が始まった。レパートリーもかなり増えたようで、初公開の曲も何曲かあった。
なかでも、ドラム担当の新メンバー堀越進君(31歳)の18番、『傘がない』は、我々中年世代にとっては親しみ深い井上陽水氏の代表作の一つ、堀越君の完璧なまでのスティック裁きに感銘を受けたものだ。

実はその堀越君、生まれながらにして目が不自由(全盲)というハンデを抱えている。
縁あって一関ヤンチャーズの一員となり、優しい先輩方と一緒に練習し、今回のような観客(紳士淑女)の前で演奏することは、彼にとっても、希望の灯り、或いは心に光明が差し込み、しっかりとそれが確認できたのではないだろうか。
そしてメンバーの先輩方に於いても、堀越君の加入を心強く思っているに違いない。
今後も是非、末永く応援し、注目していきたい。


a2.jpg kikuchi.jpg フォト短歌「歓喜」











編集 / 2014.04.22 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
用心
カテゴリ: フォト短歌
発熱を伴った激しい喉風邪も、漸く落ち着いてきたようだ。
若い頃は2・3日で治まった筈の些細な風邪も、齢を増す度に、超回復の期間が少しずつ伸びてきているのを実感している。

最近市内でもインフルエンザが流行っており、学級閉鎖を余儀なくされる高校があるようだ。
熊本のとある養鶏所で、韓国の鳥インフルエンザと同タイプの高病原性鳥インフルエンザが確認され、徹底した封じ込めがなされている。
未だ、人への感染は認められていないようだが、用心に越したことはない。集会や人混みに出かける際にマスクは必携だ。肝に銘じたい。


フォト短歌「つくし」







編集 / 2014.04.19 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
『未来につなぐ想い』作品展
カテゴリ: フォト短歌
最近は何やらかにやらと忙しく、おまけに近年に無い程の強い喉風邪にやられてしまった。
発熱も伴ったために、インフルエンザを懸念したが病院で検査したところ陰性だった。
ようやくその忙しさや、体調不良から逃れられた感がある。

先日、北上市に訪れた折り、時間の合間を縫って日本現代詩歌文学館に立ち寄った。
『未来につなぐ想い』と題して、2階の常設展示場では、東日本大震災をテーマとした詩歌作品(第3弾)が展示されていた。
色紙など、作者の自筆作品が展示されており、短歌では俵万智さんや東直子さんらの作品とともに、お師匠の佐藤怡當(岩手県歌人協会副会長・北上市在住)さんの作品も展示されてあった。展示の写真は佐藤慧氏撮影のもの。
詩・短歌・俳句・川柳・エッセイ合わせると55作品が展示されており、展示期間は来年の3月15日(日)迄となっている。


フォト短歌「未来につなぐ」








編集 / 2014.04.16 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
姪の結婚式
カテゴリ: 感動
一ノ関駅から東北新幹線で東京駅。更に東京駅で東海道新幹線に乗り換え京都駅迄、姪っ子の結婚式の為約30年ぶりに京都を訪れた。
私は元々出不精の為、滅多に上京することなどない。
東京駅での乗り換え時間が14分と短く、したがって不慣れもあって乗り継ぎに多少戸惑った。ましてやごった返す人混みは苦手ときている。
「時間がない」と焦りはしたが、どうにかこうにか無事に着いて指定席に着いてみると、以外にスムースにたどり着き多少の時間が余った。「案ずるより産むが易し」である。

不安に暮れながらも、無事に京都行きの新幹線(のぞみ27号)に乗り込むことができた。後は目的の京都駅に着くまでただ黙って乗っているだけだ。一先ずは安堵の胸を撫で下ろした。
ところが、東京駅を出て間もなく、隣の指定席に新横浜駅から乗り込んできた初老の男性が何とも気難しく、実に神経質な人物であった。とにかく自分のことしか考えていない。
これには私もプツンと切れそうになったが、必至に堪えた。生まれてこの方こんな狭量で失礼な人物を見たことも会ったこともない。横目のチラ見だが、一見すると紳士風に見えなくもない。
どこぞの社長か重役かといった雰囲気はあったが(であれば指定席ではなくグリーン車か)、であればその会社の社員は本当に大変だろう。気の毒でしょうがない。
言いたいことは山程あるが、愚痴はこの辺にしておき、よき?反面教師としたい。
世の中、特に都会には色んな人間が居るもんだと改めて思い知ったのだった。

兎も角、どうにかこうにか京都駅迄の約1時間40分、不愉快な思いをしながらもなんとか無事に乗り切り、無事に京都駅に辿り着いた。
京都駅では息子や妹ら家族と合流し、駅前で待機するシャトルバスに乗り込みそのまま結婚式場へと向かった。

会場はFORTUNE GARDEN KYOTO。  
赴きある京都市役所の直ぐ後ろにあって、料理が評判らしい。
併設の教会で挙式をあげ、披露宴会場へと場所を移した。姪っ子の新婦や新郎の晴れ姿、そして友人らの祝福や地元産と季節の食材にこだわった評判のコース料理が出迎えてくれ、感動もひとしおであった。
ただただ、末永い幸せを祈るばかりである。

翌朝、私はとんぼ返りしたかったのだが、妹の提案もあり、午前中のみ観光することになった。
はてさて何処に行くか迷ったが、「伏見稲荷の千本鳥居に行ってみたい」とのことだったので、そこを行き先に決めた。
幸いなことに京都駅から電車で7・8分と近い。
時間的にも千本の鳥居全てをくぐることは叶わなかったが、実に思い出深い、印象的な神社であった。


miho.jpg DSC00212.jpg DSC00215.jpg

DSC00229.jpg DSC00234.jpg husimizakura.jpg










編集 / 2014.04.08 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
30年ぶりの来京
カテゴリ: フォト短歌
世の中では消費税増税やら、48年もの長い間、捏造によって無理やり犯人の汚名を着せられた冤罪事件やら、チリ地震などのニュースが次から次からと飛び込んでくる。その都度ブログなどに書き込んでは世に問うてみたいところだが、如何せんある目的の為にどうしても時間が取れず、更新頻度がかなり下がり気味だ。開設当初の方針は毎日更新、一日一首(短歌)を目指していたが、致し方なし。そのうち時間に余裕が出来たらじっくりと取り組んでいきたい。

明日、明後日と姪の結婚式の為に京都入りしなければならない。京都と言えば高校の修学旅行と修行の為の一人旅で訪れたのが最後で、約30年ぶり3回目の来京となる。無事に辿り着けるといいのだが……。
折角なのでじっくりと京都見物でもしたいところだが、如何せん時間がないので、せめて京都タワーにでも上って桜の京都を一望出来たらと思っている。ただ、天気予報を確認すると曇りのち雨、生憎の悪天候のようだ。
はてさて、春物か冬物か、着ていくものが迷いどころである。


因みに、宮城県気仙沼市の「海の市」2階にあった「シャークミュージアム」が、一昨日の4月2日(水)にリニューアルOPENしたとのこと。

営業時間:午前9時~午後5時
入場料 :大人(中学生以上)500円/小学生200円
     ★団体割引 10名様以上10%引き
     ★オープン企画として春休み期間(平成26年4月7日)までは、小学生の入場無料
休館日 :不定休
問合せ先:株式会社気仙沼産業センター 電話0226-24-5755
所在地 :〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前7-13
               http://www.uminoichi.com/


フォト短歌「望遠鏡」

国立天文台水沢VLBI観測所









編集 / 2014.04.04 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR