有名無実
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
アベノミクスの恩恵にはほど遠い地方、ましてや特恵の溜まり場ともいえる一部の企業に縁の無いポジションにいると、政治の形骸化が進み、どの党が政権を握り誰が総理になろうとも興味が湧いてこないというのが本音である。そんな心境の最中の総選挙となると、果たして投票所に足を運ぶべきか否か迷っているというのが今の心境である。
アベノミクスや消費税を争点とする今回の選挙だが、社会保障の充実には消費税増税は致し方なし。素直に認めるところだが、ただ、確かに、経済状況に応じて、増税の時期を変更するのは間違いではないと、私も思う。

各党のマニフェストをざっとみると  続きを読む・見る>>





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村

編集 / 2014.11.29 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
今年最後の短歌実作講座
カテゴリ: 短歌実作講座
本日、今年最後の篠弘館長による短歌実作講座(日本現代詩歌文学館)が終わった。(正確には午前の部が明日なので明日が最後)
次回は来年の9月に始まるが、実に待ち遠しい。
今日の講座は、佐藤佐太郎賞受賞者の松村正直氏の歌の解説から始まり、何時ものように、事前に提出してある2首の添削の解説が始まった。私の番は14番目、休憩時間を挟むちょっと前に回って来る。
実を言うと今回は些か緊張気味だった。
というのも、提出歌の一首に、誤解を招きそうな内容が随所に含まれていたためだ。もっとも、誤解や理解し難いのは何時のことだが……。

続きを読む・見る>>




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村
編集 / 2014.11.27 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
大根の雪囲い
カテゴリ: グリーンツーリズム
秋も深まり、タイヤ交換やら水道の電熱線のチェックやらと、越冬の準備にそろそろ本腰をいれなければならない。
畑では大根の雪囲いの為、掘り起こした溝に藁を並べ、そこに大根を立て掛けて土を戻す。そうすることにより雪が降っても安心である。
食べる時はわざわざ土を掘り起こす必要もなく、茎を持ってゆっくりと引き抜けば事足りるのである。天然のチルド室だ。

続きを読む・見る>>

フォト短歌「だいこんこん」




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村



編集 / 2014.11.26 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
エッセー書き方講座
カテゴリ: スキルUP
一関市立図書館主催、当館名誉館長及川和男先生によるエッセー書き方講座の第一回目が、昨日一関市立大東町図書館で行なわれた。私は昨年も受講しており、2年目となる。復習の意味や、刺激を受け、書く事への奮起を促す意味もあるが、何よりも学ぶ事が楽しいのである。
受講者の内訳は、下は10代から80代の高齢者迄の老若男女。年代巾もかなりのものだが、皆意欲満々のようだ。
中でも、現役の女子高生が参加しており、是非ともしっかりと学んでいってもらいたい。

講義は、文芸作品として 続きを読む・見る>>

フォト短歌「二羽の白鳥」





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村
編集 / 2014.11.24 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
友が主幹の新国語辞典
カテゴリ: 徒然
昨晩自宅に戻ってみると、テーブルの上に小包が置いてあった。
昨今の連絡や用達は殆どがメールなどの伝達媒体で事足りるため、手紙や葉書が届く頻度は少なくなった。
届くのは殆どが保険の支払いの通知やカードの決済状況などを知らせる郵便物が多いが、一般の手紙や葉書、小包などがくると何故か心が躍る。しかしながら期待を込めて開封すると意気消沈なんてこともしばしばだが、昨夜の小包は違っていた。竹馬の友、小野正弘君からだった。

続きを読む・見る>>







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村
編集 / 2014.11.22 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
お米でダイエット
カテゴリ: 耳寄りな話
先日の朝日テレビ系列「もしものシミュレーションバラエティー お試しか!(平成26年11月17日(月)午後7時~)」の番組で、太る原因が米などの炭水化物にあるか否かを実験する企画があった。
一人で5合の白米を一週間毎日食べ続け、その体重の変化を見る実験だった。今迄は、理論的仮説の下で太ると云われ続けてきた「お米」だが、学説など、机上の論理によるもので、果たして本当なのか疑問だった。
被験者2名により一週間の実験ということで、必ずしも全ての万民に当てはまるとは言い難いが、机上の論理よりも遥かに信憑性が高いと云えるのではないだろうか。
以上のことから一般的にはお米は太ると思われてきた。

しかしながら結果はその逆だった。  続きを読む・見る>>





編集 / 2014.11.20 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
巨星墜つ
カテゴリ: 訃報
大スター高倉健さんが他界された。
男であれば誰しもがあの「しぶさ」に憧れたのではないだろうか。
口数少なく、不言実行のイメージが強い。
男子たるもの斯くありたいと思うのではないだろうか。かく言う私もそう思っている一人だ。勿論そうありたいと思うだけで、現状は推して知るべしだが……。

高倉健さんの映画は殆ど観させて頂いたが、一番印象に残っているのは黒澤明監督の『八甲田山』だ。
主演ではなかったものの、高倉健さん演じる徳島大尉が、率いる弘前第31連隊を一人の死者を出すこと無く無事に八甲田山を踏破した。
成功させた最大の要因は、まず現地の人間を道案内人として雇ったことだが、その案内人の一人に秋吉久美子さん扮する滝口さわがいた。
その彼女との別れ際、「頭右(かしらみぎ)」の号令で一斉に感謝を込めた敬礼のシーンが、あまりにも印象的だった。
謙虚で真摯な高倉健さんらしい一コマであったように思う。

非常に残念。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。 合掌

合掌と云えば、今夜(11月19日)の10時54分から、岩手めんこいテレビにて『平泉のススメ #32 ~四寺廻廊・後編』の番組に、謙虚で真摯さを持ち合わせる毛越寺の藤里明久執事長が出演する。是非とも拝聴させて頂き、来年に向けての新たな活力を頂戴したい。


フォト短歌「無骨な男」  藤里明久執事長






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村

編集 / 2014.11.19 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
人をダメにするソファ?
カテゴリ: おもしろアイテム
面白いアイテムが日本にやってきた。
その名もヨギボー。随分変わった名称だが、その物自体も随分変わっている。
ソファーになったりベッドになったりと変幻自在だ。花で云うと紫陽花といったところだろうか?

今朝のテレビ朝日「モーニングバード」で紹介されていた。
タイトルがまた面白い。「人をダメにするソファ」とのこと。羽鳥アナとコメンテーターの岩上さんが試していたが、実に面白そうな逸品だ。私も是非試してダメになってみたい……。


魔法のソファ「Yogibo」ヨギボー


フォト短歌「おもしろアイテム」




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村

編集 / 2014.11.18 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
極上のマロンフェッテと感激のエゴマのプリン
カテゴリ: グルメ
秋になると私がどうしても食べたくなるお菓子がある。勿論秋に限ったことではないが。
ただ、そのお菓子は地元産の栗を使うので、収穫時期が来ないと店頭に並ばないのである。
名前はマロンフェッテ。以前にも何度となくブログなどで紹介してきたが、今回は新作も味わってみる事にした。

その名は「Higashiyama Pudding」直訳すると「ひがしやまぷりん」
濃厚なプリンと、なめらかなキャラメルクリームとのトッピングは絶妙で、更にはエゴマ(漢名では「荏」)がアクセントに入っており、新感覚のスイーツである。
エゴマのプリュレ、正確には表面を焼き上げてはいないので「エゴマのプリン」ということになるだろうか。実に美味しかった。マロンフェッテ同様虜になりそうだ。

追記
何時もどおりに長坂店前に車を停め、店に入ろうとしたら、ガラス戸に張り紙がしてあって引っ越し先が記されていた。
その地図どおりに車を進めたものの、行けども行けども富士屋製菓の看板が見当たらず、引き返して近所の人に聞いてみることにした。
何のことはない。直ぐ隣だった。
もし行かれるのであれば、直ぐ隣(北側)なので間違わないように……。

冨士屋製菓 (岩手県一関市東山町長坂字町214)
http://www.chiikeys.jp/free_page/


フォト短歌「エゴマのプリン」 IMG_7418.jpg IMG_1021.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村


編集 / 2014.11.15 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
解散風で冬支度
カテゴリ: 気象現象
ここ岩手県南にも一気に寒さが舞い込んできた。
須川連峰は既に冠雪が見られるが、未だ平野部では雪がちらつくまではいっていない。しかしながら一気に気温が下がったことから、明朝あたりは雪が舞うのではないだろうか。
永田町では解散風も吹き、日本列島のあちこちで冬支度やら選挙支度にとりかかろうとしているが、はてさて争点は何か?

続きを読む・見る>>




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村
編集 / 2014.11.14 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
紳士的互恵関係
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
昨日、戦略的互恵関係を名分とする安倍首相と、習近平国家主席(中国)が初の首脳会談を開いた。
映像の様子では、来客を招き入れるホストとしての常識的礼節を、とてもわきまえているとは思えない態度に、大国の雄としての資質を懐疑するとともに、人物としての狭量さがその表情に垣間見えた思いがする。
嘗て小泉元総理が、北朝鮮を訪問した際、故・金正日元最高指導者ですら笑みを浮かべているように見えた。小泉元総理が岩をもぶち抜く眼光で睨みつけているにも係わらずだ。遥かに故人の方が器が大きい、と思いたくなるシーンだった。
日中の首脳対話実現に向けて、裏の交渉では多少の妥協はあったと聞くが、何れにしても日中関係の改善に向けて、多少なりとも前進したように思える。

続きを読む・見る>>



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村

編集 / 2014.11.11 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
愛犬ロッキー
カテゴリ: エッセイ集
我が家の愛犬の名前はロッキー。
アメリカのロッキー山脈で生まれた訳でもなく、安比高原のペンション『ロッキーイン』から貰ってきた訳もない。それも2代目のロッキーである。先代はメス犬だったが、当時私が夢中になった映画ロッキーから名付けたものだ。
今の2代目ロッキーは、長男が小学2年の時だったか、同級生の家に遊びに行った折り、生まれたての子犬をどうしても引き取りたいとのことから、貰ってきたものだが、飼う条件として散歩や餌やりをやることが条件だった。
しかしながら結局はご多分に漏れず、推して知るべしだ。

2代目ロッキーは現在実年齢は15歳、人間で言うと優に90歳を越えている。 続きを読む・見る>>






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村

編集 / 2014.11.10 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
剪画(切り絵)と短歌 三人展 「四季のうた」
カテゴリ: お知らせ
丁度一週間前の10月30日(木)より、一関市赤萩の和風レストラン「インター伊吹」 で、ルピナス歌会の貝沼正子さんと平井洋子さん、それに私が所属する游の会 の会員でもある千葉俊英さんの三人の短歌と、それに実に見応えのある剪画(切り絵)が展示されている。
剪画(切り絵)は、日本剪画協会会員でもある千葉俊英さんの作品だが、どれも素晴らしい力作ばかりで、中でも私の一番のお気に入りが、盆踊りの絵だ。

続きを読む・見る>>

IMG_0991.jpg





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手 その他の街情報へ にほんブログ村      にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村

編集 / 2014.11.07 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ご尊老の方々、いついつまでもお元氣で!
カテゴリ: 恒例行事
先日の日曜日、私どもの民区では敬老会が行われた。
市全体での敬老会は既に終わっているが、我が民区単体での恒例行事として、例年農繁期が過ぎる11月上旬に行われている。
今回は非常時を想定しての炊飯実習もあり、各自に割り当てられたビニール袋に、新米と水を分量通り入れ、もしもの時に備えて緊急時の炊飯を体験していた。

続きを読む・見る>>

banzai.jpg






編集 / 2014.11.05 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
高橋克彦さんの文化講演会
カテゴリ: 講義など
一関文化センターの大ホールで、高橋克彦さんによる文化講演会が行われた。
演題は「和の心」
午後2時から約1時間半の実に内容の濃い素晴らしいご講話だった。
高橋克彦さんといえば、直木賞作家であり、江戸川乱歩賞、日本ミステリー文学大賞、吉川英治文学賞などの受賞者であり、1993年のNHK大河ドラマ『炎立つ』、2001年の『北条時宗』の原作者として知られる我々岩手県民の誇りでもある。

ご講演は意味深い内容が多く、とても勉強になった。
「控え控え、この紋所が目に入らぬか」でお馴染みの水戸光圀公の諸国漫遊は、北条時頼の漫遊を参考にしたものだったとのこと。
当時時頼は一介の僧侶に扮し、諸国漫遊した折り、厳寒の岩手県を訪れた時にとある民家に立ち寄った。北条時頼であることを知る由もないその民家の主人が、ただ一心に寒さを和らげようと、資源の乏しい最中にも係わらず大切にしてあった植木の松から枝を切り取り、それを暖にしたとのこと。
打算的意味など一切ない「モノを持って成し遂げる」といった純粋で心暖まる行為に、北条時頼は深く感銘を受け、それから「おもてなしの精神」が世に広がったのではないかとのことだった。

また、正月に関するエピソードや、黄泉(よみ)や和(わ)の語源などを通して漢字の変遷、或いは出雲の国譲りの神話は虚偽だったことなど、「私」と「和」はもともと一緒だったことなど、また、方言に対する言葉の差別などの経緯などなど、色々勉強になることばかりだった。

平泉文化が、2011年6月に世界文化遺産に登録されたが、
「右に、一音の覃(およ)ぶ所千界を限らず。苦しみを抜きて、樂を興へ、普く皆平等なり。官軍と夷虜(いりょ)の死事、古来幾多なり。毛羽鱗介の屠(と)を受くるもの、過現無量なり。精魂は、皆他方の界に去り、朽骨は猶此土(しど)の塵となる。鐘聲の地を動かす毎に、冤霊(えんれい)をして、浄刹(じょうさつ)に導かしめん」
と供養願文にもあるように、官軍や夷虜、毛羽鱗介の分別を問わず、それらの魂は皆他方の世界に行く。
その魂を鎮めるためにも、浄土の世界を築き上げ、藤原3代による100年以上も続いたその文化や精神が浸透した「和」の精神を、脈々と今も受け継がれてきている。

東日本大震災の折り、被災地であった東北人の、和の精神を重んじ、自分のことよりも先ず他人の事を考える愛他的精神の様子などを観て、イコモスの心が動いたのではないかとの話しに、私も共感したのだった。


フォト短歌「冥福祈る」

高校時代の応援団リーダーの後輩である梅内君が、亡くなったとのこと。心よりお悔やみ申し上げます。






編集 / 2014.11.03 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
平泉の紅葉状況と、エッセー・随筆の書き方上達講座のお知らせ
カテゴリ: お知らせ
古都平泉の紅葉もこれからが本番を迎える。
中尊寺毛越寺の歴史ある仏閣に、色づいた楓やもみじの華やかさが調和し、そこには新鮮でしかも厳粛な空気が流れている。
決して争いを好まず、浄土思想を基調とし、100有余年の栄華を誇った奥州藤原氏の平和への想いが、ひしひしと伝わってくるような秋の景色である。

さて、話は変わり、昨年に引き続き、作家であり一関図書館名誉館長の及川和男先生が講師を務められるエッセー・随筆の書き方上達講座が、来月と再来月の2度に渡り、開催される。
定員は10名。今回は一関市立大東町図書館に会場を移して行われる。
勿論私も参加させて頂く事にした。

日時:第1回(11月23日13:30~15:40)、第2回(12月7日13:30~16:30)
会場:一関市立大東図書館
住所:一関市大東町摺沢新右エ門土手12-2
電話:0191-75-3541
定員:10名
締切:11月14日迄
申込先:一関市立図書館 電話0191-21-2147

昨年の講義の様子など>> (参考まで)


フォト短歌「平泉の紅葉」 IMG_0845.jpg IMG_083395.jpg IMG_0848.jpg







編集 / 2014.11.01 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR