農地中間管理機構のその後
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
先日の新聞に、「農地バンク目標の2割(周知不足など、課題浮き彫り)」との記事に目がとまった。
耕作放棄地や分散化する農地の集約化を図る目的で設立された農地中間管理機構だが、昨年の「目標」の2割程度の実績しか達成できなかったとのこと。もしこれが民間企業で云う「目標」であったなら、損益分岐点云々のレベルどころの話ではなく、担当者はリストラの対象となり、破綻とか破産などといったふた文字がちらつくことになるだろう。
危機感の無さ、責任の所在を問うべきとの意見があちこちから聞かれそうだが、そもそも日本は、中山間地域が国土面積の73%を占めている。耕地面積の約40%、総農家数の約44%、農業集落数では52%を占めている。

続きを読む・見る>>






編集 / 2015.05.28 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
西わらびの生姜醤油あえ
カテゴリ: グルメ
一昨日採って来た西わらび が、今朝の食卓に上がった。
やはりワラビは鰹節をふりかけ、生姜醤油で絡めて頂くのが一番だ。勿論朝採りのタケノコとのお煮付けもまた絶品である。
特に、この西わらびは一般のワラビとは一味違う。粘りが全く違うのである。「別物」と云う表現が正しいのかもしれない。

続きを読む・見る>>





編集 / 2015.05.26 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
久方ぶりの山菜採り
カテゴリ: 山菜採り
久方ぶりとは云え、サイトに掲載するほどガッツりとはやっていないまでも、仕事の合間をぬっては2・30分程タラの芽を探すだとか、林道沿いに生えたワラビやゼンマイを採取するぐらいは、ほどほどに楽しんでいた。
昨日は、そんなながら山菜採りではなく、しっかりと山菜採りに目的を絞って出かけることにした。とは云え、山菜採りの基本は無料が原則と私は判断している。しかしながら昨日向かったのは有料のワラビ園だった。
知る人ぞ知る西わらびの採取に、遠路、一関から西和賀町に車を走らせたのだった。
同行者は、渓流・山菜・きのこ採りの師匠である吉田さん。

続きを読む・見る>>

warabi.jpg






編集 / 2015.05.25 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ロッキーとの別れ
カテゴリ: 徒然
無事に我が家の田植えが終わった。
周り近所の田ん圃では、おおかた田植えが終わっている。
若葉を讃える山並みがくっきりと映しだされる鏡田には、新緑色の苗が小風の波紋に揺らぎながらビニールハウスの狭く暑苦しい苗床から開放され、気持ち良さそうに規律正しく並んでいる。
後はすくすくと育ち、秋の収穫期には黄金色の稲穂がたわわに実るのを待つばかりだ。とは云え、その間にやることは沢山ある。

いつものことだが、我が家の中古の田植機は、どっかこっかに不具合が生じ、暫し作業を中断するといったハプニングに見舞われるのが常だ。
それもその筈、1年365日の中で、たったの1日か2日しか使わないのである。車もそうだが、常に使っていないと調子が悪くなる。家だってそうだ。人のいない家は直ぐに廃墟となり、幽霊屋敷となる。

続きを読む・見る>>



rocky6.jpg






編集 / 2015.05.19 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
数の論理
カテゴリ: 徒然
日本の国のありかたが一変しようとしている。
法治国家であり民主国家だと思っていた筈の日本が、知らず知らずのうちにズルズルと……。
何やら復古主義のイデオロギーか、それとも進化系による国家形態の構築なのか。
忙しさのあまり国の変遷すら気づかずに、いや、気付いてはいても、「数の論理に手も足も出ず」といったある種の諦観か、政治への形骸化をおぼえる今日此の頃だ。
ともあれ、明日は我が家も田植え日を迎える。目の前の難局を一つ一つ解決していくのみである。


フォト短歌「鏡田」






編集 / 2015.05.16 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
弁慶ゆかりの地に集う
カテゴリ: パワーリフティング
5月に入り、益々忙しさも佳境に入ってきた。お田植え日を迎えるにあたり、田起こし、荒掻き、代掻き、そして畦畔の草刈りと、やることが山程ある。勿論手を抜くことも可能だが、如何せんそんな訳にもいかない。
「あの家では手抜きばかりだもんなぁ」などと陰口を叩かれるのも癪に障る。
いや、既に言われているのかもしれないなぁ……(笑)。
ともあれ、毎年農繁期はただでさえ忙しいのだが、今年は更に更に忙しい。

というのも、来年、希望郷いわて国体が開催される為に、私が所属する競技団体(パワーリフティング)のプレ大会を地元でやらなければならない。そのプレ大会(第34回全日ジュニア・第33回全日本マスターズパワーリフティング選手権大会)が18日後の5月30日・31日に迫っているのだ。

続きを読む・見る>>






編集 / 2015.05.12 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
夢うつつの釣行記 
カテゴリ: 渓流釣り
今年初の渓流釣りに行ってきた。といってもここ数年、年に1度ぐらいしか行っていない。今回の釣りも今年最初で最後の釣りになるのだろうか……。
今回の釣りも、いつものように長男のGWの帰省に合わせての釣行だが、この時期としては異常なほどの暑さに加え、朝晩はしっかりと気温が下がる為に、体調を崩し、風邪を引いてしまった。頗る体調が悪るい中、午前3時の起床はかなりこたえた。
釣り場に着いてからは、私は車の中で夢うつつの状態だった。結局入渓したのは息子のみであった。

続きを読む・見る>>








編集 / 2015.05.09 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
エントリー表と大会日程表
カテゴリ: パワーリフティング
来たる5月30日・31日に開催される第34回全日ジュニア・第33回全日本マスターズパワーリフティング選手権大会(岩手大会)のエントリー表と大会日程表を更新しました。
大会開催要項では30日(土)の開会式が9時30分からとなっておりましたが、30分繰り上がって9時開始となりました。
競技開始は両日とも10時スタート。検量は8時からとなりますのでお間違えのないようお願い致します。

 エントリー表   大会日程表






編集 / 2015.05.08 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR