世界陸上北京大会私の注目選手
カテゴリ: 徒然
世界陸上北京大会が昨日、9日間の熱戦に幕を閉じた。
日本選手の活躍はイマイチだった。外国人選手との骨格や筋肉の質の違い、潜在的身体能力の差をまざまざと見せつけられた今回の大会だった。
私も若い頃は投擲や短距離を多少かじっていた。一応はそれなりの成績も残している。
とはいえ、ローカルレベルの話だが・・・・・・。
そんなこともあって、やはり注目するのは何といっても投擲種目や短距離種目だ。特に男女とも100m・200mが始まると必ずや画面に釘付けとなる。

男子では何といってもウサイン・ボルト(ジャマイカ)選手が一番の注目株だが、ここ最近怪我の為に調子を崩していた。となるとやはり絶好調のジャスティン・ガトリン(米国)選手が有利か。いや待てよ、新進気鋭のトレイボン・ブロメル(米国)選手かアンドレ・ドグラス(カナダ)選手もいいぞ、いや、ひょっとしたらT・ゲイ(米国)選手やAパウエル(ジャマイカ)選手あたりも伏兵か?
予選が始まる前からそわそわわくわくしていたものだ。

予選の様子をみると、やはり下馬評どおりガトリン選手が良さそうだった。一方ボルト選手はそれなりの走りを見せてはくれたが、一時期の圧倒的な破壊力は感じられなかった。
しかしながら結果は違っていた。おそらく、注目している殆どの人は、ガトリン選手有利とみていたと思うが、なんだかんだいってもやはりボルト選手は強かった。100m・200mともその強さを見せつけてくれた。
一時期は末續慎吾選手や為末大選手の活躍で日本短距離界もかなりレベルが上ったと期待したものだが、今大会はふるわなかった。しかしながら桐生祥秀選手や16歳のサニブラウン・ハキーム選手の登場で、日本短距離界の今後が非常に楽しみとなった。

一方、今大会で私が一番注目したのは女子100m・200mだった。
100mは下馬評どおりフレイザー・プライス(ジャマイカ)選手が強かった。それも重そうな髪をなびかせながらも圧勝したその底力は、計り知れないものがある。髪を短くして少しでも軽装に心がければ、ひょっとしたら、不滅の記録、ジョイナー選手の10秒49を破れたのではないだろうか。
ただ今回私が一番注目したのはプライス選手ではない。女子100m決勝の後半、もの凄い追い上げをみせる選手がいた。オランダ代表のダフネ・シパーズ選手である。

彼女は、もともとは7種競技の選手で、前回の世界陸上モスクワ大会では銅メダルを獲得している。子供の頃から短距離が得意だったそうだが、今回はその短距離で勝負に臨んだ。
100m決勝の後半の追い上げをみて、100mよりも200mの方が強そうに思ったのは私だけではないと思うが、やはり結果は的中した。もし、100m金メダリストのプライス選手が出場していればどうなったか微妙だが、それでも私はシパーズ選手が勝ったと確信している。
そして最終日の決勝種目、女子やり投げで、カトリナ・モリトール(ドイツ)選手が最後の最後に67m69cmの投擲で見事逆転の金。
31歳にして世界大会で初の優勝を飾ったことも、実に感動的で印象に残る今回の世界陸上北京大会であった。





フォト短歌「シパーズ」





編集 / 2015.08.31 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
くらしとお金のセミナー&相談会in一関 のお知らせ
カテゴリ: お知らせ
前回に引き続き、今年度に入って今のところ皆勤賞となる一関FP(ファイナンシャル・プランナー)協会主催の勉強会に出席してきた。
本日の講義内容は、
1限目は尊敬する岩淵敏明さんによる「マイナンバーの概要について」
2限目は金融に詳しい金野弘英さんの「金融市場の動向について」
午後2時からの講義とあって、何時もなら睡魔に襲われる時間帯、また熟睡するには持ってこいの曇天の天候、にもかかわらずじっくりと傾聴し、勉強させて頂いた。
勿論一夜明かす脳内の状況は推して知るべしだが、ともあれ一応ちょっとは賢くなったような気がすることは確かである。

さて、9月12日に行われる「くらしとお金のセミナー&相談会in一関」に、一関FP協会所属の葛西五郎さんが講師となって「相続税改正と相続対策に注目される信託のはなし」の講義が行われる。葛西さんの講義はとても解りやすく、丁寧な説明で定評がある。私も是非参加したいところだが、午前中は奥州市水沢区の斎藤實記念館で行われる第8回斎藤實・春子夫婦を偲ぶ等短歌大会(昨年の様子)に出席しなければならない。終わって直ぐとんぼ返りのつもりだが、はたして間に合うや否や。

くらしとお金のセミナー&相談会in一関
<日 時> 平成27年9月12日(土)午後1時30分~午後5時
<会 場> 一関図書館(一関市大手町2-46)
<内 容> 1.葛西五郎(講師)さんの「相続税改正と相続対策に注目される信託のはなし」
         午後1時30分~午後3時迄
        2.FP(ファイナンシャル・プランナー)による無料相談会(限定8組)
         午後3時10分~午後5時迄
詳細については別添のパンフレットを御覧ください。
因みに料金は一切かかりません。


kasai_20150829210038b1e.jpg







編集 / 2015.08.29 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
平成27年度いわい天然乾燥米「元氣」予約注文受付開始
カテゴリ: お知らせ
つい先日まで35度だ36度だと、うだるような暑さが続きましたが、台風の影響でしょうか急に温度が下がり朝晩はジャンパーなしにはいられない今日この頃です。
そんな折り、田圃では今夏の暑さで例年よりも早い出穂期を迎えたことから、稲穂も垂れ下がって参りました。今のところお米の成長具合も順調であることから、平成27年度産のいわい天然乾燥米「元氣」の予約注文受付を開始する運びとなりました。

我が家のこだわりは、刈り取り後は「ほんにょ 」による昔ながらの自然乾燥法を取り入れ、乾燥機には一度もかけない100%天日干しにこだわっております。
また、カメムシ防除などの農薬は一切使わず、一般流通米よりも農薬を減らした微農薬有機栽培によって育てております。従いまして作業にはかなりの手間暇を要し、人手不足の現状から生産量は自ずと限られて参ります。

過去には予約開始後早々に予約注文を中止せざるを得ない状況もありました。
そうならない為にと、多少ではありますが出荷量を増量して参りましたが、やはりそれでも数に限りがございます。
早めに注文受付を終了させていただく場合もあろうかと思いますが、何卒ご理解を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

いわい天然乾燥米「元氣」HPトップページ

天然乾燥米(天日干し米)の美味しい訳とは?

いわい天然乾燥米『元氣』の注文ページ


2015orderkome.jpg









編集 / 2015.08.28 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ファルージャの真実とは
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
つい数日前まで35度だ36度だと肌着を脱ぎ捨てても叶わぬ暑さだったものが、昨日今日はジャンパーを羽織る程気温が急激に下がった。それで体調を崩さないのが不思議なぐらいの8月下旬である。
そんな急変する天候のように、参議院予算委員会の集中審議も、集団的自衛権を軸とする安保法制をめぐり侃侃諤諤・喧々囂々と与野党の激しい論戦が展開されている。
なかでも、正直言ってあまり期待はしてなかった俳優あがりの若手議員による総理との論戦はなかなか見応えがあった。それより前の質問者らに対しては鼻で笑って答弁席に向かう総理だったが、その若手議員の鋭い質問に顔の表情は真剣そのもの。答弁に詰まる場面すらあった。

集団的自衛権行使の対象国と言えば、言わずもがなの米国だが、その米国による国際法上の違反行為、人権法を無視した戦争犯罪について、質疑時間がたったの17分間だったが、徹頭徹尾追求していた。然しもの安部総理も答えに窮していたようだった。

続きを読む・見る>>







編集 / 2015.08.27 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
2015年晩夏の渓
カテゴリ: 渓流釣り
息子の帰省に合わせ、今年2回目の渓流釣りに行くことになった。
お盆が過ぎると急に涼しさが感じられる季節となる。秋は直ぐそこ。いや暦の上では既に秋か。
起床4時、辺りは未だ暗い。烏羽玉の漆黒の闇夜の中、手探りで部屋の明かりを探し、そそくさと身支度を済ませ自宅を出たはいいが、未だ行き先を決めていなかった。

取り敢えずはコンビニに立ち寄り、朝メシと昼ごはんを調達(お袋がおにぎりを握っていたが)。車に乗り込んで、「さて、どの川に行く?」と息子に尋ねたところ、「今春行った場所はどうか」との返答があった。私はあまり良いポイントとは思っていなかったが、息子はかなり気に入っているようだった。「ほんとにあそこでいいのか?」と問うてはみたものの、世間は未だ夏休みの人たちも多い。大概の好ポイントは場荒れしている可能性が大だ。
結局は息子の言うとおりの場所に車を走らせることとなった。
ところが、道順を忘れてしまっていた。はてさて、「どっからいくんだっけ?」とお互いの顔を確認しながら、細まりつつある記憶の糸を少しずつ手繰りながら進むと、見覚えある岩山の景色が目に飛び込んできたのだった。

続きを読む・見る>>









編集 / 2015.08.21 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
リオ五輪の汚染対策
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
1年後に迫ったリオ五輪だが、
コーツ副会長(国際オリンピック委員会)は、同様に準備不足のアテネ五輪と比較して、「アテネより悪い。かつてない状況だ!」と苦言を呈するほど、準備が遅れているとのことだ。
競技施設の建設や地下鉄などのインフラ整備、それら工事の遅れは未完成スタジアムでの試合が問題視された2014年6月のサッカーW杯(ブラジル大会)以上だと懸念されている。

続きを読む・見る>>







編集 / 2015.08.18 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
お盆やすみ
カテゴリ: お祭り
お盆が終わると一気に賑わいだ環境が一変する所為か、或いは涼しさが増す為か、淡い寂寥とでも謂おうか一抹の不安とともに寂しさがスーッと過るのである。  
8月15日の飲み会(二次会は先輩が営むゆあーずにて)には、いつものメンバー以外に30数年ぶりに逢う高校時代の同期生数名が加わり、特に女性の参加は会に華を添えた。かなり盛り上がった実に楽しい飲み会であった。
年月を経て、円熟期を迎えた女性陣は、弾けるような魅力をたたえる若さとは違い、人生の酸いも甘いも知ってか、知的で、落ち着きと上品さを兼ね備えた魅力が満ち溢れていた。
今まで歩んできた歳月よりも、残る歳月は間違いなく短い。ならばまた宴会の席を同じくするなど、昔の思い出話に花を咲かせ、「賑やか」なひと時を堪能したい。

続きを読む・見る>>






編集 / 2015.08.17 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
日本一 畠山智一選手
カテゴリ: 感動
宮城県気仙沼市在住の畠山智一選手(37才)が、8月9日、東京都墨田区総合体育館で行われた第33回JAWA全日本アームレスリング選手権大会のライトハンド100kg級で、日本一に輝いた。約10年ぶり2度目の優勝となる。因みにレフトハンドは2位だった。
全国各地から予選を勝ち抜いた猛者、剛腕の持ち主が一堂に会し、丁々発止、「腕力」の限界を超えたハイレベルな戦いを制し、日本チャンピョンに輝いた。不撓不屈、堅忍不抜の精神で見事に復活を成し遂げたのだ。

畠山選手は、2011年3月11日、東日本大震災の災禍に遭い、自宅や仕事場など全てを津波に奪われてしまった。私ならただ路頭に迷い、失望感でなかなか前に進むことは出来なかったと思うが、彼は違っていた。逆境をバネに変える精神力の強さと、強靭な肉体のみならずハートを持っていた。「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」正しくその格言どおりの偉丈夫なのだ。
生まれ持った才能やセンスは勿論だが、真面目で、実直で、ひたむきに努力する彼の姿には、本当に脱帽である。
次なる目標は世界一。
彼ならば必ずや、やってのけるに違いない。


フォト短歌「畠山選手」 IMG_1152.jpg
IMG_1154.jpg IMG_1150.jpg

一昨年の結果>>








編集 / 2015.08.12 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
第7回いわて力祭りの様子など
カテゴリ: いわて力祭り関連
一昨日の8月9日、第7回いわて力祭りが大盛況のもと無事に終了した。
今夏は異常とも言える猛暑続きで、参加者も少ないのではと懸念していたものの、予想以上の参加数や盛り上がりにより、大盛況のもと、無事予定通り行われた。

結果や様子など>>

dai7kai.jpg


フォト短歌「第7回いわて力祭り」







編集 / 2015.08.11 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
今年の出穂状況
カテゴリ: グリーンツーリズム
今年の出穂は例年よりも約一週間程早かった。今年の異常なほどの暑さがそうさせているのだろうか。稲だけじゃない。生る物全般的にそのようだ。
今秋の、天日干しによる自然乾燥米の稲刈り時期も、例年よりも若干早まりそうだが、問題は残暑。
2年ほど前 だったか、9月の残暑はもう半端ではなかった。
20分おきに水を頭からぶっかけるなど、暑さ対策を施さぬ限りとても圃場には立っていられない厳しい暑さだった。

続きを読む・見る>>






編集 / 2015.08.08 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
毛越寺法灯会「灯籠申込み」
カテゴリ: 恒例行事
本来なら、お墓掃除は明日の8月7日なのだが、駐車場が混雑することもあって、今朝おふくろと一緒に行くことになった。
足の悪いおふくろの為に、極力車が入れるギリギリまで進みたかったのだが、早目に行ったつもりが既に先客があった。
止む無くおふくろが下車した後、上の駐車場まで戻ることにした。
我が家の墓地まで砂利道をゆっくりと下っていくと、停めてあった数台とも全て親類の車であった。
近在に住まう親類は23世帯、血の濃さは薄くとも考えは皆一緒のようだ。

今日は広島に原爆が投下された日。お墓掃除から戻り、原爆記念館前からの生中継を観、1分間の黙祷の後、広島市長の秀逸な平和宣言やこども代表の佳良な平和への誓いを聞き、そそくさと平泉の事務所に向かった。
先日、ドキュメンタリー映画『二重被爆』のDVDを観賞した。原爆の恐ろしさや愚かさ、虚しさが心に染み込んでいただけに、今朝の平和記念式典を観ただけで胸がいっぱいになった。

原爆は勿論、戦争の愚かさ虚しさを思いつつ、仕事の合間を縫い、8月16日毛越寺の大泉ヶ池で行われる法灯会に奉納する灯籠を申込みに行ってきた。今回は「世界平和」「脱原発」「無病息災」を祈願し、心を込めて書いてきた。

毛越寺では、奉納する灯籠(1個につき1.000円 何個でも可)を募集している。8月16日の法灯会当日迄受け付けているようだが、早目に申込まれた方が賢明かと。
因みに、奉納金は全額、震災孤児や世界の恵まれない子供たちのために寄付される。

※直接(毛越寺事務所)行って申し込め(直筆可)、また郵便振替でも申し込める

法灯会・灯籠申込用紙>>



hotoe.jpg


kekosu50.jpg







編集 / 2015.08.06 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
我が家の庭木剪定
カテゴリ: 徒然
紅鏡の日差しや照り返しがあまりにも強い今夏、ここ岩手県南では今日も35度を超える猛暑日が続いている。
そんな中、今朝漸く我が家の庭木剪定が無事に終了した。
先祖代々受け継いできた庭木を、私の代で伐採する訳にもいかず、毎年この時期になると、お盆前には是が非でも終わらせたいと急ピッチで剪定作業を進めている。今年は特に祝祭日の殆どが予定でふさがっており、一日中じっくりと作業に打ち込む時間などどこにもない。例えあったとしても、この激暑、酷暑、猛暑、灼熱の状況下では辛い。

例年、電動のヘッジトリマーで刈り込んでいたが ・・・続きを読む・見る>>

DSC02871.jpg







編集 / 2015.08.05 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
屯所の掃除
カテゴリ: 消防活動
明後日の日曜日、屯所(消防団詰所)の定期点検があるとのことで、先日の日曜日、予定を返上して掃除に行くことになった。当日は親類の初盆で出席できそうにないので、隅々まで、出来る限り、やれるだけやったつもりだ。
結局掃除に来たのは6名のみ、如何せん人手が足りない。若い連中に出来るだけ入団してもらいたいと思うのだが、現実的には非常に厳しい。

本来であれば、社会奉仕の一貫として、志しを持つ者なら積極的に参加したいところだろうが、如何せんそんなに甘くはない。
尚且つ綺麗事ではないのである。
実は私もそうだった。
若い頃は地元にいなかった所為もあるが、帰省してからも積極的に入団しようとは思わなかった。勿論、「地域の為、社会奉仕の一環として」と自覚していたとしてもだ。

知命を遠に過ぎてから、人手不足もあり、先輩方からの強い要請もあって止む無く入団したというのが実のところである。
以前は何故入団に躊躇したかというと、以前の消防団と云えば常に酒盛りを交わしているイメージがあった。勿論、今でもそんな消防団もあるかもしれないが、何しろ私は酔っぱらいが嫌いだ。
へべれけになるまで飲む連中の気が知れない。酒は飲んでも飲まれるなだ。たとえ大酒をかっくらったとしても、理路整然としていなければならない。

消防団にはそんなイメージがつきまとっていたものだから、入団に躊躇していたのだが、最近はそんなことはないとのことだった。実際、入団して3年になるが、一度も飲み会がない。
ただ、こうして、「社会奉仕だ」「地域の為だ」と休みを返上し、奉仕している若い団員らのことを思うと、たまには「ご苦労さん」と労をねぎらう必要があるのではないかと思う、今日此の頃である。


フォト短歌「屯所掃除」 tonshyonaka.jpg tonshyokunren.jpg


日本の消防団の実態>>  ・・・一応参考まで








編集 / 2015.08.01 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR