FC2ブログ
第20回くくり雛祭り
カテゴリ: お知らせ
3月3日の節句を前に、奥州市水沢では、伝統のくくり雛祭りが開催されている。
くくり雛とは、厚紙に綿をのせ、布で包み、「押し絵」の技法で作られた雛人形のことで、水沢地方独特の呼び名だそうだ。
雛段に飾られた色とりどり、絢爛豪華なくくり雛は、内裏雛や三人官女、五人囃子、他には歌舞伎やおとぎ話を題材とした作品などなど、実に賑やかな雰囲気を醸していた。
その中に何点か叔母(佐々木稜子)の作品もあり、以前から何度も見に行くと約束していたが、未だかつてその約束を果たしていなかった。
本日無事にその約束を果たすことが出来たのだった。

展示期間:2月27日(土)~3月3日(水)
展示場所:メイプル4F展示場       奥州市水沢字横町2-1
      奥州市武家住宅資料館    奥州市水沢字吉小路43


kukuribina.jpg






その他の写真>>



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村






編集 / 2021.02.28 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
ワクチンの早まりに期待
カテゴリ: 徒然
新型コロナ感染者について、岩手県は昨日迄6日連続で感染者ゼロを記録した。
おそらくはクラスター対策を徹底した成果ではないだろうか。また、東京都を初めとする緊急事態宣言の対象地域はもとより、全国的にも確実に感染者は減っているようにみえる。
望ましい傾向だと云えるが、ここで気を抜いては元の木阿弥。
第4の波を招かぬよう、ここは踏ん張りどころだ。
その為には一刻も  続きを読む・見る>>


daiyonpa.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村





編集 / 2021.02.27 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
光陰如箭
カテゴリ: 徒然
寒の戻りか、昨夜は結構冷え込んだ。
あと4日ほどで3月を迎える。
光陰如箭(光陰矢の如し)、白駒過隙(白駒の隙を過ぐるが如し)、歳月不待(歳月人を待たず)。
時の経つのはあっという間。3月11日に近づくにつれ、10年前の記憶が甦ってくる。

福島第一原発で異常事態。M7.3地震後に水位低下、地震計「故障」は本当なのか?カンニング竹山の“勘違い”に批判の声も

首都直下型地震の発生率70%。それでも原発に頼る亡国ニッポン


フォト短歌「花柄」






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村





編集 / 2021.02.25 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
アンソロジー  短歌『游17号』刊行
カテゴリ: お知らせ
私が所属する地元短歌会「游の会」のアンソロジー年刊誌『游17号』が出来上がった。会員9名による歌稿18首/人と、ひとり一編のエッセイ、合わせて48ページの小冊である。
表紙などに3作、2018年11月20日黄泉に旅立たれた千葉利英さんの剪画を奥様の許可を得て掲載させていただいた。
千葉さんは生前、「游の会」の会長であり、短歌や剪画(切り絵)、写真やハーモニカなど趣味も多く、実に多才な方だった。特に剪画は、2015年の日本剪画美術展に於いて日本剪画大賞(最高賞)を受賞している。

先日、当ブログでも紹介したが 続きを読む・見る>>


フォト短歌「名も知らぬ花」



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村




編集 / 2021.02.23 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
岩手の韻律
カテゴリ: 徒然
コロナ禍のもと、もし、石川啄木や宮沢賢治が生きていたなら、どんな詩や短歌を残しただろうか。
それぞれの時代、色々な社会背景があり、色んな出来事がある。苦しみや困難が多い時にこそ、啄木の哀愁を帯びた短歌に癒され、利他愛に富む賢治の詩に励まされ、心の浄化を得られるのではないだろうか。
新型コロナワクチンが、医療従事者4万人を対象として接種が始まった。
薬事承認された米国製薬会社のファイザー製のワクチンが先行するとのことだ。
待ちに待った渇望のワクチンだが、日本製でないことに口惜しさを感じ、また何故もっと早く接種出来ないのかなど、色々不満も残る。
しかしながら、啄木や賢治が生きていた時代は、医療体制はもとより、当然ワクチンなどはなかったであろう。
そう考えると、今の時代に生まれて幸運だと、思える。そんなことから、啄木や賢治が生きた時代の、生の苦しみや辛さを思いながら、「岩手の韻律」と題して動画を作ってみた。

前半は陸前高田市の  続きを読む・見る>>


フォト短歌「岩手の韻律」






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村





編集 / 2021.02.20 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
写真で見る私の好きな舞川
カテゴリ: お知らせ
2月16日(火)より2月24日迄の一週間、一関市舞川字中里の舞川市民センターを会場として「私の好きな舞川」をモチーフに、地元写真愛好家による写真展が開かれている。舞川地域課題対策協議会(課題協)事業の一環として開催され、舞川の魅力を写真に収めた40点が展示されている。
かく云う私の写真も数点展示されている。

私は本来、展示を目的に写真を撮っている訳ではなく  続きを読む・見る>>


写真展


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村






編集 / 2021.02.19 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
とんだお笑い話
カテゴリ: 徒然
高校来の友人の一人に、電話をよこしては必ずと云っていいほど「なにか面白い話はないか?」と、事務所を戸締りして帰ろうとする時間帯に電話をかけてくる人物がいる。
晩酌のつまみにでもしたいようである。
ただ、如何せん、晩酌のつまみになりそうな話しなど思い浮かばず、「適当に妄想でもして呑めよ」と云いながらも、電話を切った後に思い出した。

私の愛車はMazdaのスイフト。元々は父の車である。
父が3年程前に免許証を返納した為、勿体ないので私が引き継いだと云う訳だ。
元々私はメカに強い方ではなく、車は動けばいい程度にしか思っていない。そんなことから格好や機能などにはあまり関心がない。

先日、母を病院に送った時のこと。
母曰く、「ドアが開かないよ」とのこと。
運転席側のドアロックを入れたり切ったり。何度試みても開かない。
仕方がないので外に回り込んで開けてみると問題なく開いた。
いやはや、また修理にお金がかかる。コロナで懐事情が苦しい時に、困ったものだと思いながら日頃世話になっている整備工場に行き、「工場長、後部座席のドアが開かなくて困ったよ」と話すと、「あ、チャイルドロックだ」の一言。
いやはや、なんとも、さんざん困っていただけに、笑い過ぎて腹筋が痙攣しそうになったのであった。

友人はこのブログを見て、晩酌のつまみにしながら、腹を抱えて世嬉の一酒蔵の大吟醸でもぐびぐびといくのではないだろうか。


フォト短歌「なんでこんなに雪降るや」





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村






編集 / 2021.02.17 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
備えあれば憂いなし
カテゴリ: 徒然
東日本大震災から、あとひと月足らずで10年目を迎える。10年ひと昔。あの激震による恐怖の感覚が再び蘇った。
昨夜23時10分頃、ちょうどお風呂に入ろうと立ち上がったその時だった。スマホから耳障りの決して良くない警告音が鳴り出すと同時に、ぐらぐらと強い揺れが襲ってきた。
お風呂は諦め、母親の様子を確認し、玄関横に備えてある防災バックを車に運び、直ぐに避難できるようにと車を移動した。
揺れが収まってから家中を確認してみると、棚から色々落ちてはいるものの然程の被害は無いようだった。テレビを確認すると、震源地は福島県沖、M7.1、最大震度は6強、ここ岩手県一関市は震度5弱とのこと。災害は忘れた頃にやってくるもの。10年ひと昔、記憶も薄れかけていたが、警鐘を鳴らされたように思う。

「備えあれば憂いなし」
我が家は直ぐに持ち出せる様にと、防災グッズをリュックに詰め込んで玄関横に置いている。
一昨年の年末、関東地方で地震が頻発したことから、都内に住む息子らの為にと防災グッズを送っていた。色々買い集め、用意したものだが、もし未だ用意されていない方は参考まで。防災グッズの詳細(息子宛ての注意事項含む)は別添のPDFをご覧いただきたい。
勿論、使わぬことを祈るばかりだが・・・。

東日本大震災10日間の記憶 2011年3月26日記載


フォト短歌「防災グッズ」





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村






編集 / 2021.02.14 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
国民の命
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
古本屋に立ち寄り、手に取った科学雑誌のページを捲ると、「ビックバンの理論的研究と系外惑星の発見」と云う見出しに興味がそそられた。
2019年ノーベル物理学賞受賞者のジェームズ・ピープルス(プリンストン大学)名誉教授やジュネーブ大学のミシェル・マイヨール教授やディディエ・ケロー教授のお三方の記事である。
なかでもジェームズ博士の記事には、「宇宙は今から約138億年前に誕生した。誕生した直後の宇宙は超高温・超高密度の小さな火の玉のようなものだったと考えられる。その後、宇宙が膨張するにつれ、次第に温度が下がり、その過程で星や銀河、銀河団などの構造が形成されていった。これがビッグバン宇宙論がえがく、宇宙のシナリオだ。」
と結論づけている。

ただこのことについては、 続きを読む・見る>>


IMG_5524.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村





編集 / 2021.02.13 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
鳥たちの土産物
カテゴリ: 徒然
昨年は暖冬の所為か、白鳥や雁などの北帰行がはや1月中旬には見受けられたが、流石に今冬の寒さは厳しい。そんなこともあって今迄はあまり見かけることは少なかった北帰行だが、今朝事務所に向かう途中随分見かけた。いよいよ待望の春が間もなくみちのく大地に迫っているということだろう。

鳥たちの羽休めを兼ねた 続きを読む・見る>>


kari1.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村




編集 / 2021.02.11 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
馬の尻尾
カテゴリ: 徒然
我が家の所有(北側の一部)する山林の中に、標高350メートル程の秀麗な三角山がある。
その頂上部に巨巌があり、馬蹄の跡のような窪みがある。
地元の云い伝えでは、奥州藤原氏3代目当主の藤原秀衡公が寵愛した駿馬、太夫黒(たゆうぐろ)が、直線距離にして4・5kmはあろうか、その距離をひとっ飛びで足形を着けたものだと、子供の頃に聞いたことがある。
勿論単なる伝説に過ぎないが、それだけ太夫黒は名馬であったと云うことだろう。
その太夫黒が世に知られるようになったのは、源義経公が一ノ谷の合戦に赴く折、秀衡公が太夫黒を義経公の武運を祈り贈ったものだと云われている。

私は度々、伯父(母の兄)が裸馬に乗って颯爽と野を駆ける夢を見る。
それも義経公が 続きを読む・見る>>


uma.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村






編集 / 2021.02.06 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
こはるコーラ
カテゴリ: お知らせ
この度、10年の星霜を経て、世嬉の一酒造が満を持して新感覚のコーラドリンクを発売した。
その名も「こはるコーラ」原材料は麦芽やリンゴ果汁、レモン果汁やコリアンダーなど、砂糖や香料を用いない自然素材100%に拘った炭酸飲料だ。
早速買い求めて試飲してみた。
麦芽の風味が広がり、追うようにリンゴやレモンのフルーティーな香りがじわっと広がってくるような感じである。夏の暑い時などに、冷蔵庫でキンキンに冷やしたものをゴクンと飲めば、存分に爽快感を味わえるのではないだろうか。

世嬉の一酒造はメインの日本酒をはじめ、地ビールブランド「いわて蔵ビール」の製造販売を手掛けている。敷地内には直営店の「せき市」のほか、もち料理やくわうどん、はっと(すいとん)などの郷土料理を提供する「蔵元レストランせきのいち」コーヒーや紅茶、ケーキなどを提供し、レトロでモダンなCafe徳蔵などがある。

また、敷地内の一角、古色蒼然とした東北一の大きさを誇る土蔵(元仕込み蔵)の中には、酒の醸造工程がわかる酒の民俗文化博物館や、一関にゆかりある文学者(島崎藤村や井上ひさし、阿佐田哲也など)12名の著作や直筆原稿などを展示する市民立の文学館、いちのせき文学の蔵がある。
因みに、当文学館を運営する一関・文学の蔵が発行する年刊誌『ふみくら』5号が、今年6月の発刊を予定している。


koharukora.jpg

フォト短歌「こはるコーラ」






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
良ければポチッとクリック! にほんブログ村





編集 / 2021.02.03 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

平泉アスリートセンターカレンダー

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 月別アーカイブ
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR