篠弘館長による短歌実作講座2012年第1回目
カテゴリ: フォト短歌
今日は約1年ぶりとなる、篠弘館長による短歌実作講座に出席する為、北上市の日本現代詩歌文学館に足を運んだ。当館は北上市の中心部に位置し、黒沢尻中央公園に隣接する施設で、直ぐ隣には市立図書館がある。

当館は有名無名を問わず、詩歌資料の収集と情報発信を目的とした日本唯一の詩歌専門の総合文学館として、1990年に竣工を迎えた。
初代の名誉館長として井上靖氏が名を連ね、初代館長は太田俊穂氏、二代目扇畑忠雄(歌人)氏、現館長は篠弘(歌人)氏である。

日本現代詩歌文学館での短歌実作講座に参加する為には、前もって2首の短歌を提出し、当日、篠先生により添削された各受講生の短歌に助言や解説が加えられる。

私が今回提出した短歌の元歌は、
『 天離る 鄙の野原に 赤とんぼ 秋の気配を 静かに運び 』
だったが、ご覧のフォト短歌のように手直しを頂戴した。
私の詠歌の特徴の一つに、下の句を連用形で結ぶ癖がある。
それをずばり指摘される形となったものの、言われてみれば確かに落ち着きがなく収まりが悪い。

今後の作歌の際には大いに参考にしたいと思っている。
が、果たして癖は直るや否や・・・。


フォト短歌「赤とんぼ」






編集 / 2012.09.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR