第12回農ヶ喜クラブ交流会「ピーマン祭り」
カテゴリ: 農ヶ喜クラブ関連
ここ数日ジャンバーが必要な程気温が下がっていたが、本日の岩手県南の気温は30度近い暑い一日だった。そんななか、12回目を迎える農ヶ喜クラブの交流会が、奥州市江刺区稲瀬の及川農園を会場に、自慢の自家栽培のピーマンをふんだんに使い、野菜ソムリエや調理士免許を持つ参加者による、特製の手料理が振舞われるなどのピーマン祭りが開催された。

及川農園に到着早々、園主の及川君による栽培方法や苦労話など、質問を交えながらもじっくりと説明を受け、自宅前に広がるピーマン畑やハウス内の様子などを拝見して回った。
ハウス内は特に、雑草1本も無いほど丁寧に手入れされており、彼の几帳面さが窺えた。

栽培品種は京鈴(キョウスズ)。
秀品率の高いハウス向きの中型種で、その特徴としては栽培全期間を通じて濃緑な果色と果肉がやや厚く、低温少日照下でも着果性にすぐれた品種とのこと。
基本的には濃緑状態での一般的な出荷がメインのようだが、なかには採取時期をわざと遅らせ、赤く変色するのを待って「赤ピーマン」として出荷することもあるとのこと。
恥ずかしながら、赤ピーマンとは品種が違うものだとばかり思っていたが、これでまた一つ賢くなった。
感謝感謝!

ピーマン栽培の見学会がひと通り終わり、前もって料理の準備に取り掛かっていた女性陣の下へ移動し、今度はピーマン祭りの準備に取り掛かることになった。

野菜ソムリエや調理士免許を持つ女性陣の特製手料理、ピーマンのファルシやピーマンのピクルス(風)、トマトサルサや新鮮サラダ、ピーマン料理と言えば定番中の定番「青椒肉絲」、更には炭火焼きの焼肉や芋の子汁など、そして私が持参したいわい天然乾燥米「元氣」(水加減多目でちょっと失敗)などなど、ふんだんに出てくる特製の美味しい手料理に、
皆、感嘆の声を上げるなど満足しきりであった。
実に楽しかった。そして本当に美味しかった・・・!

稲刈りシーズンの繁忙期にも係わらず、快く会場を提供してくださった及川家の皆様、美味しい手料理を振る舞ってくれた女性陣の皆さん、そしてなんと言っても、調理器具やテントなどの野外装備一式などなど、初の試みとなった野外試食会の手配や準備を一人でこなしてくれた、当農ヶ喜クラブの発起人であり「のうがきや」こと小原勝幹事長には、心より感謝するばかり。感謝、感謝!


次回の第13回農ヶ喜クラブの交流会は、一関市花泉町の後藤さん宅での「餅料理三昧?」の企画も「もち」上がった。一関市花泉町といえば、知る人ぞ知る餅文化で有名な地。これもまた実に楽しみであります。


フォト短歌「花いちりん」  手料理三昧  とうもろこし

その他の写真はこちら>>






編集 / 2012.09.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR