いちのせき第九演奏会に向けて
カテゴリ: ハプニング
地元一関市では、3年に1度の、いちのせき第九演奏会実行委員会主催による第九演奏会が、今年で12回目を迎え、12月24日のクリスマスイブの日に、一関文化センター大ホールを会場に行われる。

指揮は小泉和裕(仙台フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者)氏、
演奏は仙台フィルハーモニー管弦楽団を迎え、地元合唱団合わせ総勢350余名による大合唱が繰り広げられる。

僭越ながら不肖私も、合唱団員の末席に加わりたく、6月の申し込み開始と同時に参加受付を済ませていた。その後数ヶ月が経ち、練習の案内が9月前後にはくるものと思っていたが、それらしい知らせもない。
「未だ先の話か」と安穏と構えていたところ、昨夜、自宅のテーブルの上に手紙が置いてあった。
「練習の案内だな」と封を切りそそくさと中を確認してみたら、チケットが同封してあった。
しかしながらお待ちかねの練習日の知らせが入っていないではないか。
「いくらなんでも遅過ぎる」と事務局に早速電話で確認してみると、参加申し込みの際、その用紙に練習日が記載してあるとのことだった。
迂闊であった!

早速その申込用紙を確認しようとしたが、何処にいったのやら!
止む無くネットで検索し、確認してみたらしっかりと記載してあった。
なんともはや、9月上旬には結団式も終わり、既に予定練習日の半分が過ぎていたではないか。
マイッタ・・・。

経験者なら兎も角、私はズブの素人である。
高校時代は応援団リーダーということもあり、ある程度発声には自信がある。
しかしながら同じ合唱、同じ発声と言えども、片や音程外しまくりの怒鳴りの世界である。まったく種類が違う、質が違う。
はてさて如何なものかと頭を抱えたが、3年に1度、次回まで生きている保証はまったくない。

最終的には例え口パク(納得はしないが)であっても、「参加する事に意義あり」と大会の度毎に、皆に諭しながら促す所作を、今度は自分に向ける番がやってきたようだ。



フォト短歌「菊花の」





編集 / 2012.10.24 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR