柿のもぎ方
カテゴリ: フォト短歌
「今日こそは柿取るぞ」と2・3日前から目標を立て、取る手順までイメージしていたのだが次から次と用事が舞い込んでくる。なかなか予定通りはいかないものだ。
結局今日も手つかずに終わってしまった。

今度の日曜では少しばかり遅い。もっともすっかり熟してからでもいいだろうが、やはり柿は噛み応えもまた愉しみの一つである。
未だ歯茎の衰えはない。今のうちに目一杯その食感を味わっておきたい。

柿の木は強そうにみえるが結構折れやすい。
子供の頃はよくそれで落っこちたものだが、流石に今は落っこちる訳にはいかない。
知らずに登って怪我をする人が結構いるようだ。
なかには命を落とした人もいる。

「危ない橋を渡らねば熟柿は食えぬ」と何かの本で読んだことがあるが、どうしても登るというのであれば細心の注意を払わねばならない。
一番いいのは長い竹の先っぽに、10cm程の切れ込みを入れ、そこに挟んで取るのが安全で便利である。
ただ少々首が疲れるが・・・。

※「危ない橋を渡らねば熟柿は食えぬ」・・・「失敗を覚悟で挑戦しなければ、成功は掴めない」という意味。


フォト短歌「あま柿しぶ柿」







編集 / 2012.11.11 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR