「フレーフレー しの」「頑張れ頑張れ ひろし」
カテゴリ: フォト短歌
恒例となった篠弘(日本現代詩歌文学館)館長による今年最後の短歌実作講座(第一班)が終了した。

何時ものように午後1時、日本現代詩歌文学館に到着し、何時ものように、館に隣接する黒沢尻中央公園の撮影を兼ねた散策に出ると、公園の石組みの辺りで、青い小旗を振り回している初老の男性がいた。
この光景は高校時代の応援団を連想させるが、いくらなんでも「あの年でな・・・」と思った。
「変な人もいるもんだ、胡散臭いよなぁ~」と思いながらその場をそそくさと立ち去った。

定刻の時間となり、篠弘館長の近況報告から始まり歌評へと進んだ。
本日の教材は花山多佳子さんの「ゆりの木の道」から10首。
その後何時ものように、受講者が予め提出してあった短歌(一人2首)を、予め館長により添削されたものを順次解説していくといった講義内容だ。
私の順番は16番目だったが、今日一番印象深かった歌が、2つ手前の14番目の方の歌だった。

― 「来年も開講します」に拍手する篠館長の短歌の講座 ―

この作者、「何処かで見た方だな~」と思いながらも順次添削や解説が進み、最後の歌が終わった。

すると、前出の作者が徐に立ち上がるとこちらを向いて「皆さん、来年も篠弘館長を迎えるべく、エールを送りましょう」と言い出して、青い小旗を右手に持って前に進み出た。

合点がいった。

「フレーフレー しの」「頑張れ頑張れ ひろし」と応援団さながらのコール。
それに対して私も元応援団副団長(高校時代)である。学校が違いタクトも違うが、そのコールに対する反応は早かった。
後で知ったが、旗を振った方は元高校教諭で、同じく高校時代は応援団員だったとのことだ。



フォト短歌「篠弘館長」


「いいね!」と思ったらFacebookでシェアをどうぞ !!






編集 / 2012.11.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR