哀感のドラマ
カテゴリ: 感動
昨夜、といっても正確には今朝になるが、NHKのドラマ「いつか陽のあたる場所で」の再放送が最終回を迎えた。私は殆どテレビドラマを観ることはなく、何時もならNEWS Web24を観た後直ぐにお風呂に向うところだが、たまたまスイッチを切らずにうとうととなりかけていた。

するとそこに上戸彩さんと飯島直子さんが画面に出てきた。ちょうど再放送の第一話が始まるところだった。眠気が覚めて思わず見入ってしまい、それからついつい最終回まで見通した。
その内容はというと、上戸彩さん扮する小森谷芭子(29)と、飯島直子さん扮する江口綾香 (39)が、のっぴきならない事情から昏酔強盗や殺人を犯し、同じ刑務所で刑期を終え、シャバに出て再出発する葛藤を描いた内容だが、已む無しの犯罪とはいえ、前科を持った人間に対する世間の目は冷たかった。

そんななかでも理解をちゃんと示し、優しく接してくれる竜雷太さん扮する大石重雄(72)や周りの人たち、同じような経験を持ち、同じような苦しみを味わった者同士の絆や信頼感がひしひしと伝わってくる内容で、切なさや哀感の残る作品で後を引くドラマだった。

罪を憎んで人を憎まず、過去は過去、一生懸命に生きよう、再出発しようとする健気な姿に共感を呼び、しみじみと心に残り琴線に触れるドラマだった。
原作は乃南アサさん。脚本は高橋麻紀さんほか。

出演者のみなさんから…クランクアップメッセージ


フォト短歌「哀感の夜」

いいね!と思ったらFacebookでシェア





編集 / 2013.03.19 / コメント: 2 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR