迎え火
カテゴリ: フォト短歌
ご先祖様を、お盆の数日間迎え入れる為、道に迷わぬようにと迎え火を焚いて合図をおくる。昔は樺皮を燃やしたそうだが、今ではなかなか手に入らないこともあって麦わらを使っている。しかしながらその麦わら自体少なくなっている。
ましてやTPPの加入により益々小麦の栽培は減るのではないだろうか。
良し悪し云々は別として、時代の流れとともに使うものも変わればやり方も変わっていく。それが自然の流れなのだろう。

迎え火のやり方は、その土地々々によって様々だろうが、本来は、
菩提寺でのお墓参りの際、線香につけた火を消さないようにと、提灯の蝋燭に移すなどして自宅に持ち帰り、自宅の仏壇の蝋燭にその火を移したものを、麦わらなどに火をつけて迎え火とするのが良いと云われている。

しかしながらそこ迄やるとなるとかなり大変なので、我が家ではそこまでやってはいないが、ご先祖様が無事に我が家に辿り着くようにと、祈りを込めながら迎え火を焚いている。


フォト短歌「迎え火」

PSプロジェクト「あなたの1個のボールからペタンクで健康つくり隊」
PSプロジェクトとはペタンクサポートプロジェクトの略称です。






編集 / 2013.08.13 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR