一陽来復?
カテゴリ: グルメ
仲間うちの忘年会で昨夜は仙台で一泊。
いつまで続くかは疑問だが、今後の恒例行事として昨年から始まった企画。
宴会場や宿泊施設は昨年と同じ会場だった。

仙台と言えばやはりなんと言っても牛たん
何時食べても、何度食べても美味しい。

ただ今回の企画の中でちょっとばかり残念なことがあった。
昨年訪れた際のホテルに対するイメージはすこぶる良好で、皆も同じ意見だった。
「じゃ来年も此処に泊まろうじゃないか」ということになり、今年も予約したのだった。

部屋は清潔でとても綺麗、フロントの接客態度も実に素晴らしい。新聞のサービスや、なんと言っても仙台のど真ん中にも係わらず、1200mの地下から吹き出す(汲み上げる?)天然温泉があり、しかもビルの谷間に露天風呂まである。
勿論大自然の景観を満喫しながらのんびりと、という訳にはいかないが、コンクリートに囲まれた露天もそれはそれでまた乙なものである。
完璧なまでに利用者(宿泊者)の満足感を満たすサービスには心から敬意を表するが、ただ、一つだけ非常にガッカリさせられたことがあった。勿論それは私だけではなかった。

宿泊の楽しみの一つに、朝食がある。
朝食と言えばなんと言っても白いご飯に納豆が定番だ。それに沢庵漬けでもあれば私はそれで満足だが、あったのはパンだった。勿論私もパンは大好きである。
しかしながらパンは別腹であって、私にとってはオヤツでしかない。
確かに、昨今の日本における米の消費量は減る一方で、パンの消費量が上回っているのが現状のようだ。
西欧化しつつある日本の食文化に、警鐘を鳴らす外国人もいるぐらいだ。

サービスを提供する側として、経費削減やニーズに応えようと努力する気持ちは決して理解できない訳ではないが、
コメ派の人間としては非常にガッカリさせられた朝のひとコマだった。
もしバイキングスタイルであったなら、「100点満点のところ120点」と言いたいところだが、せめて昨年同様納豆付きの和食であったならば・・・。

フォト短歌「絶品の牛たん」







編集 / 2013.12.02 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR