菅原神社「どんと祭」
カテゴリ: お祭り
昨日、菅原神社の境内に於いて、無事、滞りなくどんと祭が行われた。
当神社は、奥州藤原氏によって京都北野天満宮から勧請され、菅原道真公を祭神としている。
中国で言えば美髯公関羽。関帝廟?といったところだろうか。
学問の神様菅原道真公を祀ることから、合格祈願にあちらこちらより訪れる神社で、昨日の午前中には受験を控えた地元中学生らの合格祈願祭が行われた。

どんと祭は通常小正月の14日から15日、特に15日に行われるのが一般的だと思うが、今年は何故か12日に行われた。日曜日、つまり休日を利用してのことだろうと思うけれども、そのお陰で、私も消防団の一員として立ち会うことができたのである。
時代とともに、その様相や形態なども多少変わって然るべきであり、若干の日程変更などは已む無しだと私は思う。

また、どんと祭の「どんと」の語源は、火が燃えるのを「尊(とうと)、尊(とうと)」と囃し立てたことから、その言葉が訛って「どんと、どんと」になったと、どこかのサイトに載っていたが、正しく尊い火祭りである。

その火祭が始まったのは午後2時頃、雪がちらつくなか、神主の祝詞の後に蝋燭の火が厳かに放たれ、各家々から持ち寄られた正月飾りが、少しづつ燃え始めた。
その後次から次と燃え広がり、火はあっという間に炎と変わり、荒々しく上空に舞い上がった。持ち寄った住民らの一年間の無事、無病息災を荒々しくも力ずくで祈るかのような、儼乎たる、荘厳にして厳粛な空気が、辺り一面に広がっていった。
私らは地元の消防団として、最後の小火が消えるまで、その様子を静かに見守っていたのだった。

因みに、平泉町の天台宗別格本山「毛越寺」では、1月20日、二十日夜祭で行われる。
呉れ呉れも、金属製の物やミカンなどのなま物は持ち込まない方が無難だ。
なにせ後片付けが大変である。


フォト短歌「どんと祭2014」 sugawara.jpg DSC02911.jpg







編集 / 2014.01.13 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR