復興の様子「陸前高田市」
カテゴリ: 政治・経済
昨日、休みを利用して陸前高田市の復興の様子を見に行くことにした。
震災を機に、東京から故郷の高田市に戻った高校時代の後輩が、その案内役を務めてくれた。避難所となった諏訪神社、震災遺構として残されることになった道の駅タピック45、同じ敷地内にある追悼施設、山田洋次監督の寄贈を受けた黄色いハンカチ、神戸から復興への思いが込められ、気仙大工左官伝承館の敷地内に建立された希望の灯など、グルっと案内してもらった。

2年前のボランティアで訪れた折り、瓦礫の間を縫うようにして活動現場に移動したことを鮮明に憶えているが、今では殆どその瓦礫も残っていない。
道路沿いのところどころに、コンビニや食事処、お土産屋さんが建ってはいるが、震災前は住宅や商店で密集していた市街地の跡は、何もない平坦な広野が広がっているというのが、今の有り様だ。
ただ、巨大なジェットコースターのような、造成工事用の土砂を運ぶ専用のベルトコンベヤーが、西側の山から奇跡の一本松の横を通っているのが目に止まった。
巨大な工事用構造物である。聞くところによると、大型ダンプの搬出では約10年の歳月を要するところを、この方式では約2年で済むとのことだ。今月の末ぐらいから稼働するらしい。

震災から間もなく3年目を迎えようとしている。
素人目には、「未だまだ復興は遠いのでは」と思うけれども、着実に進んでいるようだ。


フォト短歌「希望の灯り」 IMG_7489.jpg IMG_7497.jpg
IMG_7485.jpg IMG_7500.jpg IMG_7509.jpg
IMG_7522.jpg IMG_7511.jpg IMG_7528.jpg








編集 / 2014.03.03 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR