一関ヤンチャーズお花見ライブ2014
カテゴリ: 一関ヤンチャーズ
一昨日の日曜日、岩手県一関市五代町のそば切り『すず庵』さんを会場に、おやじバンド『一関ヤンチャーズお花見ライブ』により、大歓声のもとエレキの音が鳴り響いた。
ライブ会場のすず庵さんのご亭主は、バンマスの佐藤淳一さんやメインギターの福山さん、ベースの菊地さんらと同級生ということもあって、食べ切れない程の美味しい手料理を提供され、会場を更に盛り上げてくれた。

特に毎回「締め」として出てくるお蕎麦は絶品であり、圧倒的なうどん派である私にとっても、ここのお蕎麦はイチ押し二押しである。
数々の手料理に舌鼓を打ちながら、往年のベンチャーズメロディーを基調とした一関ヤンチャーズの演奏が始まった。レパートリーもかなり増えたようで、初公開の曲も何曲かあった。
なかでも、ドラム担当の新メンバー堀越進君(31歳)の18番、『傘がない』は、我々中年世代にとっては親しみ深い井上陽水氏の代表作の一つ、堀越君の完璧なまでのスティック裁きに感銘を受けたものだ。

実はその堀越君、生まれながらにして目が不自由(全盲)というハンデを抱えている。
縁あって一関ヤンチャーズの一員となり、優しい先輩方と一緒に練習し、今回のような観客(紳士淑女)の前で演奏することは、彼にとっても、希望の灯り、或いは心に光明が差し込み、しっかりとそれが確認できたのではないだろうか。
そしてメンバーの先輩方に於いても、堀越君の加入を心強く思っているに違いない。
今後も是非、末永く応援し、注目していきたい。


a2.jpg kikuchi.jpg フォト短歌「歓喜」











編集 / 2014.04.22 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR