高橋克彦さんの文化講演会
カテゴリ: 講義など
一関文化センターの大ホールで、高橋克彦さんによる文化講演会が行われた。
演題は「和の心」
午後2時から約1時間半の実に内容の濃い素晴らしいご講話だった。
高橋克彦さんといえば、直木賞作家であり、江戸川乱歩賞、日本ミステリー文学大賞、吉川英治文学賞などの受賞者であり、1993年のNHK大河ドラマ『炎立つ』、2001年の『北条時宗』の原作者として知られる我々岩手県民の誇りでもある。

ご講演は意味深い内容が多く、とても勉強になった。
「控え控え、この紋所が目に入らぬか」でお馴染みの水戸光圀公の諸国漫遊は、北条時頼の漫遊を参考にしたものだったとのこと。
当時時頼は一介の僧侶に扮し、諸国漫遊した折り、厳寒の岩手県を訪れた時にとある民家に立ち寄った。北条時頼であることを知る由もないその民家の主人が、ただ一心に寒さを和らげようと、資源の乏しい最中にも係わらず大切にしてあった植木の松から枝を切り取り、それを暖にしたとのこと。
打算的意味など一切ない「モノを持って成し遂げる」といった純粋で心暖まる行為に、北条時頼は深く感銘を受け、それから「おもてなしの精神」が世に広がったのではないかとのことだった。

また、正月に関するエピソードや、黄泉(よみ)や和(わ)の語源などを通して漢字の変遷、或いは出雲の国譲りの神話は虚偽だったことなど、「私」と「和」はもともと一緒だったことなど、また、方言に対する言葉の差別などの経緯などなど、色々勉強になることばかりだった。

平泉文化が、2011年6月に世界文化遺産に登録されたが、
「右に、一音の覃(およ)ぶ所千界を限らず。苦しみを抜きて、樂を興へ、普く皆平等なり。官軍と夷虜(いりょ)の死事、古来幾多なり。毛羽鱗介の屠(と)を受くるもの、過現無量なり。精魂は、皆他方の界に去り、朽骨は猶此土(しど)の塵となる。鐘聲の地を動かす毎に、冤霊(えんれい)をして、浄刹(じょうさつ)に導かしめん」
と供養願文にもあるように、官軍や夷虜、毛羽鱗介の分別を問わず、それらの魂は皆他方の世界に行く。
その魂を鎮めるためにも、浄土の世界を築き上げ、藤原3代による100年以上も続いたその文化や精神が浸透した「和」の精神を、脈々と今も受け継がれてきている。

東日本大震災の折り、被災地であった東北人の、和の精神を重んじ、自分のことよりも先ず他人の事を考える愛他的精神の様子などを観て、イコモスの心が動いたのではないかとの話しに、私も共感したのだった。


フォト短歌「冥福祈る」

高校時代の応援団リーダーの後輩である梅内君が、亡くなったとのこと。心よりお悔やみ申し上げます。






編集 / 2014.11.03 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR