屯所の掃除
カテゴリ: 消防活動
明後日の日曜日、屯所(消防団詰所)の定期点検があるとのことで、先日の日曜日、予定を返上して掃除に行くことになった。当日は親類の初盆で出席できそうにないので、隅々まで、出来る限り、やれるだけやったつもりだ。
結局掃除に来たのは6名のみ、如何せん人手が足りない。若い連中に出来るだけ入団してもらいたいと思うのだが、現実的には非常に厳しい。

本来であれば、社会奉仕の一貫として、志しを持つ者なら積極的に参加したいところだろうが、如何せんそんなに甘くはない。
尚且つ綺麗事ではないのである。
実は私もそうだった。
若い頃は地元にいなかった所為もあるが、帰省してからも積極的に入団しようとは思わなかった。勿論、「地域の為、社会奉仕の一環として」と自覚していたとしてもだ。

知命を遠に過ぎてから、人手不足もあり、先輩方からの強い要請もあって止む無く入団したというのが実のところである。
以前は何故入団に躊躇したかというと、以前の消防団と云えば常に酒盛りを交わしているイメージがあった。勿論、今でもそんな消防団もあるかもしれないが、何しろ私は酔っぱらいが嫌いだ。
へべれけになるまで飲む連中の気が知れない。酒は飲んでも飲まれるなだ。たとえ大酒をかっくらったとしても、理路整然としていなければならない。

消防団にはそんなイメージがつきまとっていたものだから、入団に躊躇していたのだが、最近はそんなことはないとのことだった。実際、入団して3年になるが、一度も飲み会がない。
ただ、こうして、「社会奉仕だ」「地域の為だ」と休みを返上し、奉仕している若い団員らのことを思うと、たまには「ご苦労さん」と労をねぎらう必要があるのではないかと思う、今日此の頃である。


フォト短歌「屯所掃除」 tonshyonaka.jpg tonshyokunren.jpg


日本の消防団の実態>>  ・・・一応参考まで








編集 / 2015.08.01 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR