及川和男さんと小野寺苓さんのトークイベント
カテゴリ: お知らせ
日本文芸の世界では、岩手県出身の石川啄木(盛岡市玉山区渋民)や宮沢賢治(花巻市)は誰もが知ってることだと思うが、岩手県の玄関口、一関市もまた井上ひさしや阿佐田哲也(色川武大)、古くは幸田露伴や北村透谷、島﨑藤村らがしばしば来関するなど、そうそうたる文学界の巨匠とも極めて縁が深い土地柄である。
その一関で、来る2月14日(日)一関図書館1F学習室を会場に、地元文芸界の大御所二人によるトークイベントが行われる。

作家の及川和男(当館名誉館長)先生と、エッセイストの小野寺苓(元岩手県教育委員会委員)さんが、両氏の作品に込めた思いや地元一関での執筆活動の意義や苦労話しなど、文芸に興味のある方にとってはまたとない絶好の機会。
私も是非行って訓化を受けたいと思ったものの、昨年の暮れより親類縁者や近隣のご不幸が相次ぎ、当日は分家さんの百か日法要と重なってしまった。致し方なし。
次なる機会を、是非とも一関図書館さんには企画して頂きたいとの切なる思いを拙歌に込め、末段に添えたい。

<再度また訓化を求むわれらにも開いてほしい文学の窓>
一関図書館さんお願いします



oikawakazuosennsei.jpg  フォト詩歌「ゆきみち」










編集 / 2016.01.23 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR