希望郷いわて国体公開競技パワーリフティング大会3日後に迫る
カテゴリ: 岩手国体関連
いよいよ、希望郷いわて国体公開競技(パワーリフティング大会)が3日後に迫った。
思えば、今から8年前の2008年。元・日本パワーリフティング協会専務理事の東郷達男(故人)先生より、パワーリフティング競技が、2015年の和歌山国体から公開競技として位置づけられ、翌年の岩手国体は2回目となる。「非常に大事な大会になるので是非頑張ってほしい」「8年後とは云え、あっという間に時間は過ぎるので、今から少しずつで良いから準備に取り掛かって欲しい」旨の連絡があった。

我県に於いては、選手層の薄さや、組織としてはまだまだ脆弱であったことから、当時の体制では、とてもじゃないが開催は無理だと思っていた。しかしながらやらざるを得ない状況にあった。
早速理事会を開き、8年後に照準を合わせ、準備に取り掛かることとなった。
先ず初めに、パワーリンフティングに興味をもってもらい、県内の選手を育てるべく、いわて力祭りなどのイベントを開催することになった。力祭りではベンチプレスやアームレスリング、ボディビルなど、日頃の鍛錬やトレーニングの成果を発揮し、表現する場として企画し、提供を試みた。

その成果によってか、選手層は多少なりとも厚くなったようだ。また、それと同時に、組織の脆弱性を解消すべく、協会役員の数を増やし、組織固めに力を注ぐことにした。
勿論、一般的な競技種目と違って選手の数はそんなに増える訳ではない。
本来なら、パワーリンフティングの3種目(スクワット、ベンチプレス、デッドリフト)は、あらゆる競技に於いて、パワーUPやパフォーマンスの向上に結びつく基礎トレーニングがそのまま競技になっている。その為潜在的競技者数は80万人を超えると目されている。
ただ実際の競技ともなれば、徹底した厳格なルールに縛られることなどから、敷居が高いと云うイメージを持たれているようだ。

余談はさておき、我が県の組織も盤石とは云い難いが、隣県協会のご支援を頂戴しながら、一昨年には北海道・東北ブロック大会、昨年5月には全日本ジュニア・マスターズ選手権大会と大規模な大会を開催し、いよいよ本番の国体を迎えることとなった。
日本パワーリフティング協会の佐々木健治副会長のご指導の下、か細い神経を更にすり減らし、ストレスと真っ向から立ち向かいながら、時にはブチ切れそうになりながらも、なんとかかんとかここまで漕ぎ着けることができた。
泣いても笑ってもあと3日後の午前9時には開会式が始まる。スクワット、ベンチプレス、デッドリフトと2日間に渡る熱き戦いが此処弁慶縁の地、平泉で繰り広げられる。無事、何事も無く、閉会式を迎えられることを心底願ってやまない。


フォト短歌「いわて国体公開競技」










編集 / 2016.09.07 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
トラックバック
Pagetop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR