一関市広報誌意見交換会
カテゴリ: 提言
今日は広報誌(一関市)の意見交換会の為、市役所を訪れた。
先日、このブログでもご紹介したとおり、昨年の12月1日号が2012年全国広報コンクール(市部)で見事初入選を果たした。
その入選の報告から始まり、今後の広報誌や市ホームページの内容についての意見交換がなされ、侃侃諤諤、忌憚のない様々な意見が飛び交い、広報誌の意義などの総論から、具体的な各論に至るまで白熱した議論が交わされた。

昨今の広報誌の役割として、情報の伝達を主目的とする、地域の生活や文化、経済などの身近なテーマを発信し、生活向上に役立てる情報誌としての役割を担うべきものだと思っている。
本来であれば、老若男女全ての年代層に受け入れられるべきところだが、若者の活字離れや無関心を解消するために、横文字を主流にした今風のデザインで構成することにより、今度はご年配の大先輩方からは不評である、といった二律背反からどうしても逃れられない。

非常に難儀で面倒で厄介な問題だが、本来の広報誌としての役割である情報伝達が、主要であるという大前提を見失うことなく、編集人らのカラーを前面に出して作成すれば良いのではないかと、私は思っている。


フォト短歌「飽かぬ別れに」

編集 / 2012.05.23 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR