台湾東部地震
カテゴリ: 憂い・嘆き
台湾東部の花蓮県で、2月6日夜半、マグニチュード6.4、最大震度7、震源の深さ約10kmの大きな地震があった。
花蓮県付近では2日前の2月4日の夜にもマグニチュード5.8の地震があり、震災から2日経った今でも余震が頻発しているようだ。
地震による被害は、今日(2月8日)現在で死者数7名、行方不明者67名、怪我人も日本人9名を含む250名以上と、かなりの災害をもたらしている。

私の息子も  続きを読む・見る>>






編集 / 2018.02.08 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
ふみくら創刊号(一関・文学の蔵)
カテゴリ: お知らせ
昨日、一関・文学の蔵の創刊『ふみくら』の発送作業が行なわれた。
今年で30年目を迎える一関・文学の蔵は、日本一小さな文学館として知られるいちのせき文学の蔵の開設や、島崎藤村学会全国大会、井上ひさしの日本語講座や文壇の著名人による講演会、「斎藤茂吉記念館とさくらんぼ狩り」などの文学散歩等々、それらの活動の紹介や随筆などを含む広報誌(不定期)の発行などなど、地元一関市を中心に文化活動を展開してきた。

この度、30周年を記念し、会長の及川和男(作家)先生主導のもとに年刊誌『ふみくら』の創刊が叶った。
刊行にあたり  続きを読む・見る>>





編集 / 2018.02.03 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
経営計画策定セミナー(平泉商工会)
カテゴリ: 講義など
本日、平泉町商工会主催の経営計画策定セミナーが、当会議所の2階会議室を会場に開催された。
講師は中小企業診断士の渋谷雄大氏。
氏は「売らない販売コンサルタント」を標榜しており、年間150回を越える人気講師である。
著書に『繁盛店が必ずやっているチラシ最強のルール』などがある。
演題は「動画&LINE@でガッツリ問合せを増やせ」SNSなどをツールとして、商売にどう活かすか?
特にLIMEの活用に重きを置き、充実した内容だった。

LIMEについては 続きを読む・見る>>






編集 / 2018.02.01 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
第16回新春短歌大会(奥州市)
カテゴリ: 徒然
この間の日曜日(1月21日)、奥州市水沢区の奥州市民活動支援センターを会場に、第16回新春短歌大会が行なわれた。
私は今回が3回目の参加となる。鷹觜真智子さんを選者に、奥州市内外から40首の応募があった。
私はいつもながら時間の都合上午前中のみの参加であり、表彰式の様子を一度も覗ったことがない。
幸いにも前回は互選賞に選ばれ、今回は入選を果たしたと云うことで、結果表が届けれた。
その結果表を確認すると、一昨年も当サイトで紹介したが、地元水沢区にお住まいの高橋市次郎(99歳)さんが「秀逸」に選ばれていた。

続きを読む・見る>>




編集 / 2018.01.25 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
水戸の御老公
カテゴリ: 徒然
人格的に問題ある人物が権力を握ると、社会は不幸になる。
善悪の判断がつかない人物が権力を握ると、社会は崩壊する。
然し乍ら、世の中と云うものはうまく出来ていて、何がしかの作用が働いて均衡を保つように出来ている。
悪いヤツがいれば善人もいる。決して悪人を野放しにはしないのが社会、世の中だと思う。
いずれ彼の国も一掃され、平常を取り戻し、平静を保つのではないだろうか。それによって世界も、平明で健康的な日常を取り戻すのではないだろうか。

「悪を懲らす」と云えば  続きを読む・見る>>






編集 / 2018.01.21 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
第三回文学フリマ岩手申し込み
カテゴリ: 徒然
今年も文学フリマ(第三回文学フリマ岩手)に出店すべく、早速申し込んでみた。
ブースの関係上、出店希望者の多寡によっては抽選になる可能性がある。当落の発表は3月上旬の予定。
昨年の第ニ回文学フリマ岩手には、単独での出店(フォト短歌エッセイ集)だったが、今年は2ブースを借りて2名で出店する予定である。

そのうちの一人が  続きを読む・見る>>




編集 / 2018.01.16 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
AI搭載のオートカー実用化に期待!
カテゴリ: 徒然
また、痛ましく、そして何とも切ない事故があった。
1月9日の午前8時半頃、群馬県前橋市の県道で、乗用車が対向車線を逆走し、路側帯を自転車で走っていた女子高生2名を跳ね飛ばした。2名とも意識不明の重体と云う悲しい交通事故だった。
加害者の運転手は85歳の高齢ドライバーである。

昨今、高齢者の運転ミスが急増している。
以前はそれ程無かったように思うが、一体何が原因なのだろうか。
齢を重ねるとともに、注意力の散漫や運動神経、特に反射神経が鈍くなってくることは厳然たる事実。誰しもが避けて通れない道である。
ただ、これは昔も今も同じ。
では何故ここにきて急増しているのだろうか?

続きを読む・見る>>






編集 / 2018.01.13 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
熊の保護か、人間を守るか
カテゴリ: 徒然
ツキノワグマの捕殺数が、秋田県では前年対比が1.7倍増になったことに対して、自然保護団体から秋田県知事に冬の狩猟や有害駆除の中止を求める要望書が提出されたとのこと。
秋田県警によると、昨年中に目撃された熊の頭数は1500頭余りと、過去最多とのこと。
昨年のみの秋田県内だけでの被害は、死者1名、重傷者5名、軽傷者も含めると20名もの人間が直接熊と対峙し、危害を被った。かなりの確率で熊に出くわしていることになる。
昨今の異常な気象現象にともない、山中での餌不足や自然環境の変化により、人間のテリトリー内と思いたい里山に下りてきているようだ。
勿論、中山間地での後継者不足による耕作放棄地や休耕地の広がりもその要因の一つだろう。

また、何年か前だが  続きを読む・見る>>








編集 / 2018.01.10 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
AIとベーシックインカム
カテゴリ: 世に問う!『言わずにはいられない』
新春の「書き初め」ならぬ「綴り初め」を、AI(人工知能)とベーシックインカムを取り上げ、考えてみたい。
AI進化のスピードは著しい。目まぐるしい速さで進歩している。
近い将来、我々人間はAI搭載のロボットに仕事を任せ、趣味やスポーツ、娯楽に興じながら自由な生活を謳歌できるようになるかもしれない。
農繁期で多忙なゴールデンウィークには、鼻歌をうたいながら露天風呂でのんびりできるようになるかもしれない。
それは兎も角、重労働や激務から解放されることが何よりだが、それらを可能に出来ると期待されるのがAI搭載のロボットだ。

これまでボトルネックとされていた  続きを読む・見る>>






編集 / 2018.01.05 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
敬頌新禧
カテゴリ: 徒然
新年のご清福をお祈り申し上げます

フォト短歌「謹賀新年」






編集 / 2018.01.02 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
平成30年を振り返って
カテゴリ: 徒然
今年も残すところあと1日と迫った。1年はあっという間である。
この1年を振り返ってみると、反省点も多々あった。
個人的には自治会の雑用や地元文芸団体の編集作業など、雑務に追われはしたが、県競技団体の組織運営から一線を退いたこともあって、心理的には比較的安寧の一年であったように思う。
来年はどんな年になるのだろうか。「非常に良い年」でなくとも、悪い年にならないことを願うばかりだ。

続きを読む・見る>>







編集 / 2017.12.30 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
年末の悩みのタネ第二弾
カテゴリ: フォト短歌
年末の悩みのタネと云えば、先ず一つ目は年賀状だが、前もって時間のある時に少しずつ進めていたので、なんとか15日には投函できた。あとの悩みのタネはなんといっても大掃除と云うことになる。
これがまた実に厄介だ。
私は自営業なので、事務所からトレーニングルームまで全てひとり作業となる。それに加え自宅の大掃除も、年寄りしかいないので殆ど私ひとりでこなさなければならない。
やることが多過ぎだ・・・。

続きを読む・見る>>





編集 / 2017.12.25 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
弾道ミサイル落下時マニュアル
カテゴリ: 徒然
スポーツ庁からの通知が、県の体育協会を通じて届けられた。
それによると、
北朝鮮による弾道ミサイル発射に係る対応をめぐり、もし主催する競技大会時にミサイルが落下した場合、各団体に於いての対応作を検討しておく必要があり、その為の資料として添付されてきた。
平成29年4月21日付け消防国第38号、消防運第24号の「弾道ミサイル落下時の行動等について」を参考に作られたようだ。

「もうそんな状況にきているのか?」  続きを読む・見る>>






編集 / 2017.12.21 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
UFO(未確認飛行物体)
カテゴリ: 徒然
12月16日の米ニューヨーク・タイムズ(電子版)が、米国防総省が2007年に、秘密裏に未確認飛行物体(UFO)の目撃情報を調べる「先進航空宇宙脅威識別計画」を始動させていたと報じた。
嘗て1940年代にも、米空軍が秘密裏に未確認飛行物体の調査を行っていたことは巷の噂として広がっていたようだ。
次世代技術の発展や進歩、軍事力を世界に誇示する上でも必要なことと考えてのことだろう。

そもそも  続きを読む・見る>>






編集 / 2017.12.19 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
年末の悩みのタネ
カテゴリ: 徒然
年末の悩みのタネの一つ、年賀状を昨日無事に書き終えた。
以前は表も裏もプリンターの恩恵に与り、その機動力に甘えており悩むこともなかったが、以前、ある人物が「やはり年賀状は直筆でないとありがたくないよなぁ」とのひと言に、「確かに」と納得しきりであった。
そんなことからせめて宛名ぐらいは手書きにすべきと、思い改めたのが悩み事の経緯である。
流石に、百枚ほど一気に書き上げる気力もなく、ここ数年、日を分けて、小分けにして書くことにしている。
1日15枚程度であれば、一週間ほどで終わり、それ程重荷に感じることもない。
早速、投函解禁日の本日、郵便局に足を運んだのだった。

年賀状の原型は  続きを読む・見る>>





編集 / 2017.12.15 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
一関期待の綺羅星「岩渕麗楽」
カテゴリ: 感動
地元一関に明るいニュースが飛び込んできた。米コロラド州のコッパーマウンテンで行なわれたスノーボードのワールドカップで、岩手県一関市在住の15歳、岩渕麗楽(れいら)ちゃんがワールドチャンピョンに輝いた。
地元一関市出身のワールドチャンピョンは初、快挙である。
彼女は僅か13歳でプロ資格を取得。現在は地元一関市の高校(一関学院高等学校)に通う現役の女子高生である。

彼女は、世界の女性では未だ4人しか成功していない大技、バックサイドダブルコーク1080に成功している。
2017年のプロツアーランキングは第1位。
来年の平昌冬期五輪出場は年齢制限でどうかなと気になったが、大丈夫そうだ。
一関に縁のある代表選手として、他に男子ボブスレーの佐々木達也選手(広島市)がいるが、ともに活躍を期待したい。今後が実に楽しみである。







編集 / 2017.12.12 / コメント: - / トラックバック: 0 / PageTop↑
 プロフィール

ハルク伊藤

Author:ハルク伊藤



ブログ作成にあたり、
当初は「一つのジャンルに絞った方が人気ブログになりやすい」という通説があり、「トレーニングやパワーリフティングに特化したブログを」と思っておりましたが、今ではその常識に因われることなく、私個人の意見や考えを柱として、右にも左にも属する事なく、中立的な立場を決して崩さず、社会に対する思いや願い、或いは個人的な提言なども織り交ぜながら、日常の出来事や趣味の写真に短歌や詩をコラボしたフォト短歌を中心に、私の生きた証として、このブログを続けて参りたいと思っております。
本文の文体につましては、「強く訴えかけたい、強調したい」内容には「だ・である調の常体」。
それ以外は「です・ます調の敬体」と入り混じった文章で、大変お見苦しい点もあろうかと存じますが、
『寛容の心』を持ってご覧頂ければ幸いです。


トップバナーの説明
Happiness is the only thing you can give without having.
幸福は自分が持っていなくても人に与える事は可能である!

詳しいprofile>>

 フォト短歌エッセイ集


 岩手県の天気
 にほんブログ村
 メールはこちら≫ ↓
 Sponsored Link

【送料無料】ゴールドジム グルタミンパウダー 500g F4150







食べて痩せるパーソナルトレーニングスタジオ
「Gajara」
無料カウンセリング来店者募集中トレーニング期間中は毎食3食無料提供


スポとものプロ野球選手によるオンラインレッスン


楽天トラベル株式会社

 My Yahoo
My Yahoo!に追加
 Yahoo オークション
 検索フォーム
 ブロとも申請フォーム
 名刺プリント『激安』
 QRコード
QR